• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 共育スポーツイベント「田南部 力さんと楽しくレスリング体験!」を実施しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年2月20日

共育スポーツイベント「田南部 力さんと楽しくレスリング体験!」を実施しました

平成30年1月27日(土曜)、港区立青山中学校にて第29回共育スポーツイベント「田南部力さんと楽しくレスリング体験!」を実施しました。

講師には、アテネオリンピックのレスリング55キロ級で銅メダルを獲得した田南部力(たなべ ちから)さんをお招きしました。

 

講座は田南部 さんの「レスリングは、体と頭を使って相手を制するものです。」という言葉から始まりました。

まずは、ランニングやスキップをしました。続いて二人組になり、レスリングで重要なタックル動作として相手の肩をタッチした瞬間相手の股下をくぐり抜ける動きや、膝をつけた状態で相手を抱き上げる動きなどをしました。また、スピードスケートのスタートの構えで足を前後に動かしたり、ブリッジをしながら床に頭をつけて頭を左右前後に動かしたりするなど、レスリングに必要なパワーやバランス感覚を鍛える動きも取り入れていきました。多様な動きにみんな集中して取組んでいました。

20180127resring_1

20180127resring_2

 

次に、本格的なレスリングの動きを行いました。

両足タックル、また倒れた時怪我をしない為の受け身も練習しました。みんな果敢に取り組んでいました。タックルする体勢にもっていくためには、色々とフェイントをかけなければならないので、頭の回転が必要と田南部さんはおっしゃっていました。

20180127resring_3

 

20180127resring_4

 

次に、簡単な試合を行い、最後に体幹トレーニングを行いました。

20180127resring_5

20180127resring_6

 

その後、子どもたちからの「レスリングが強くなる方法は?」との質問に、「1回でも人より多く練習することです」と答えてくださいました。また、現在指導している伊調馨選手(オリンピックで4個の金メダルを獲得)がどれだけストイックにレスリングに取組んでいるかも話していただきました。また、田南部さんからは、「レスリングを楽しみ、また集中して続けてほしい。この経験を今後の人生に役立ててほしい」と、熱くお話ししていただきました。

講座後、田南部さんからサイン入りの写真をひとり一人に贈呈され、メダルにも触らせてもらいました。

とても内容の濃い講座で、初めての子もすでに習っている子も、オリンピックメダリストの指導のもと、よく話を聞き、色々と挑戦していました。

 

20180127resring_7

20180127resring_8

赤坂青山子ども中高生共育(ともいく)事業とは

地域の人材等を活用した子ども向けの「“驚き・感動・気づき”から“自ら考え、行動する。”」機会となる講座などを企画、実施し、子どもたちを地域ぐるみで見守り、育てる環境を整備する事業です。このスポーツイベントは、赤坂青山子ども中高生共育(ともいく)事業の一環として、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、トップアスリートと子どもたちが直接ふれあい、指導を受けることで、スポーツの楽しさを体験する機会を創出します。併せて、様々な種目を体験することにより、スポーツを通じて身体能力を高めるだけでなく、礼儀・挨拶などの社会性、マナーやフェアプレーの精神、コミュニケーション能力を育みます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5413-7013

ファックス番号:03-5413-2019