• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 第33回共育(ともいく)スポーツイベント「目指せ未来のメダリスト!バルセロナオリンピック女子200m平泳ぎ金メダリスト岩崎恭子さんと楽しく水泳講座!+いのちの教室」を実施しました。

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

第33回共育(ともいく)スポーツイベント「目指せ未来のメダリスト!バルセロナオリンピック女子200m平泳ぎ金メダリスト岩崎恭子さんと楽しく水泳講座!+いのちの教室」を実施しました。

平成30年7月8日(日曜)、赤坂小学校で第33回共育(ともいく)スポーツイベント「目指せ未来のメダリスト!バルセロナオリンピック女子200m平泳ぎ金メダリスト岩崎恭子さんと楽しく水泳講座!+いのちの教室」を実施しました。

今回は定員40名のところ、100名近い多数の応募がありました。その中から、厳正な抽選の結果選ばれた36名(当日欠席4名)が講座に参加しました。

講師には、1992年バルセロナオリンピック女子200m平泳ぎにおいて、14歳の若さで金メダルを獲得した岩崎恭子さんにお越しいただきました。また、サポートスタッフとして、一般社団法人ATHLETE SAVE JAPAN様にご協力いただきました。

講座は、心臓マッサージ(胸骨圧迫)とAEDの使い方を学ぶ「いのちの教室」と、2部構成で実施しました。

まずは、体育館で「いのちの教室」を行いました。

心臓マッサージ(胸骨圧迫)の練習用キットを使用して、倒れている人を見つけてから、AEDを使用するまでの流れを体験しました。胸骨圧迫のキーワードは「強く、早く、絶え間なく」とのことで、参加した子どもと保護者が一緒になって、一生懸命に取り組みました。

岩崎さんから「AEDの使い方が分かっても、どこにあるかを知っていなければ意味がありません。日頃、通学や通勤で使用する道路や建物のどこにAEDがあるかを知っておくことが第一です。是非意識して日々生活してください。」とメッセージがあり、日頃からの備えの大切さを学びました。

「いのちの教室」終了後、プールへ移動し、水泳講座を行いました。

今回のテーマは、「綺麗に・速く・長く泳ぐためのレッスン」。

まずは岩崎さんによる模範泳法を全員で見ました。100m(25m×4)の個人メドレー(バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形)を見た子どもたちは、綺麗に速く泳いでいる姿に感動し、泳ぎ終わると自然と大きな拍手が沸き起こりました。

その後、泳力によって分けたグループごとに、それぞれのレベルに応じたレッスンを行いました。

泳ぎが苦手なグループは、正しい「蹴伸びの姿勢」の練習。「腕を真上に真っ直ぐ伸ばし、頭(顔)はしっかりと真下を向くこと」に注意して練習していくうちに、綺麗な姿勢で蹴伸びをすることができました。

泳ぎが得意な低学年グループ、中学年グループはビート板を使用し、「力強いバタ足」と「正しい腕の使い方」の練習。「水しぶきを極力上げず、水中でキックすること」、「綺麗な姿勢で泳ぐこと」に注意して練習すると、講座後半にはバタ足でグングン進む様子に、子どもたちは驚いていました。

泳ぎが得意な高学年グループは、実践的な泳ぎの練習。「どうしたら速く泳ぐことができるか」を考え、「指をくっつけて水をかく」、「抵抗を少なくするため、手(腕)はなるべく体の近くを通す」、「指先から入水する」等、具体的な指導が行われ、子どもたちは少しでも習得しようと必死に体に沁み込ませている様子でした。

岩崎さんは、短い時間でしたが参加した子どもたち全員に、1人1人丁寧にワンポイントアドバイスを行っていました。

最後は、バルセロナオリンピックで獲得した実物の金メダルを見て、触って、子どもたちは大いに喜んでいました。

AED受講証が手渡され、講座は終了しました。

水泳の楽しさ、命の大切さを学べた1日となりました。

 20180708_01  20180708_02
 ▲いのちの教室  ▲岩崎さんによる指導
 20180708_03  20180708_04
 ▲1人1人丁寧に個別指導してくださいました  ▲金メダルにみんな興味津々
 20180708_05  20180708_06
集合写真  ▲講師の岩崎恭子さん

赤坂青山子ども中高生共育(ともいく)事業とは

地域の人材等を活用した子ども向けの「“驚き・感動・気づき”から“自ら考え、行動する。”」機会となる講座などを企画、実施し、子どもたちを地域ぐるみで見守り、育てる環境を整備する事業です。このスポーツイベントは、赤坂青山子ども中高生共育(ともいく)事業の一環として、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、トップアスリートと子どもたちが直接ふれあい、指導を受けることで、スポーツの楽しさを体験する機会を創出します。併せて、様々な種目を体験することにより、スポーツを通じて身体能力を高めるだけでなく、礼儀・挨拶などの社会性、マナーやフェアプレーの精神、コミュニケーション能力を育みます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5413-7013

ファックス番号:03-5413-2019