• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > パリ市のパトリック・クルグマン副市長が港区役所を訪問~平成30年度お台場海水浴における両都市の連携に向けて、「港区とパリ市との連携協定書」に区長が署名しました~

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年5月26日

パリ市のパトリック・クルグマン副市長が港区役所を訪問~平成30年度お台場海水浴における両都市の連携に向けて、「港区とパリ市との連携協定書」に区長が署名しました~

港区は「泳げる海、お台場」の実現を、パリ市は「泳げるセーヌ」の復活をめざし、これまで水質改善に向けた取組や水浴体験イベントを実施するなど、図らずも共通の課題と目的を有していました。

東京2020オリンピック・パラリンンピック競技大会では、トライアスロン等が台場で開催されます。一方、平成29年9月、2024年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催都市がパリ市に決定し、パリ市はトライアスロン等のスイム競技をセーヌ川で実施することをめざしていることから、お台場との親和性が一層高まっています。

区は、東京2020大会のレガシーとして「泳げる海、お台場」を次世代に残し、2024年パリ大会へバトンをつなぐことを目的に、平成30年度の「お台場海水浴」に向けてパリ市へ連携を提案したところ、パリ市から快諾をいただき、「港区とパリ市との連携協定書(以下「協定書」という。)」の締結に発展しました。

パリ市との連絡調整にあたっては、在日フランス大使館(港区南麻布4-11-44)から全面的な協力をいただいたことで、実現に至りました。

港区とパリ市との連携協定

連携の概要

区は、毎年開催している「お台場海水浴」を全面リニューアルします。パリの夏の風物詩「パリ・プラージュ(※)」の雰囲気をお台場に再現する新たなお台場海水浴「お台場プラージュ」として、7月28日(土曜)~8月5日(日曜)に都立お台場海浜公園で開催します。

区が、パリ市の登録商標である「パリ・プラージュ」の写真使用や演出を実施するため、また、「泳げる海、お台場」、「泳げるセーヌ」に向けた取組を互いに応援・PRするとともに、東京2020大会、2024年パリ大会の気運醸成を相互に図るために、港区とパリ市は連携協定を締結します。

※プラージュ“Plage“とは、フランス語で「砂浜」や「浜辺」のことです。パリ・プラージュは、パリ市が毎年夏に開催している、セーヌ川沿いを中心に人工砂や緑を敷くなど、バカンス気分を味わえるイベントです。子どもから大人まで楽しめる様々な催しやアトラクションも豊富で、パリの夏の風物詩としてパリ市民から親しまれています。

協定書の主な内容

  • 港区は、「お台場プラージュ」の会場で、パリ市のイベント「パリ・プラージュ」の紹介展示をするとともに、広報媒体にも「パリ・プラージュ」の文言を掲載すること。
  • パリ市は、「お台場プラージュ」をパリ市ホームページで紹介すること。
  • 都市部での水浴実施に向けた水質改善の取組やノウハウなどの情報共有を図ること。

協定書の区長署名式

5月22日、パリ市のパトリック・クルグマン副市長を港区役所にお迎えし、協定書の区長署名式を行いました。

当日は、池田議長、七戸副議長、東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会の鈴木委員長、風見副委員長に出席いただいた他、在日フランス大使館のピエール・コリオ文化参事官、ジュリアン・ブザンソン担当官も出席され、区長署名に立ち会っていただきました。

※今回は武井区長が協定書に署名しました。協定書はクルグマン副市長がパリ市へ持ち帰り、6月予定のパリ市議会での承認を経て、アンヌ・イダルゴパリ市長の署名をいただき、締結される予定です。

 

20180522syomei

協定書への区長署名

 

20180522syasin2

写真左から、クルグマン副市長、武井区長

右は、副市長から区長に贈られたパリ・プラージュのポスター

 

 

20180522syasin4

写真左から、パリ市国際関係代表部ビドさん、クルグマン副市長、武井区長、池田議長

 

20180522syasin11

出席者全員で記念写真

写真左奥から、在日フランス大使館ブザンソン担当官、コリオ文化参事官、小柳津副区長、田中副区長、七戸副議長、鈴木委員長、風見副委員長

写真左前から、パリ市国際関係代表部ビドさん、クルグマン副市長、武井区長、池田議長

 

 

20180522kutyou

「『泳げる海、お台場』と『泳げるセーヌ』の夢をかなえるために、今ここから新しい一歩を踏み出します」と武井区長

 

20180522fukusityou

「パリ・プラージュを知らない港区民の方々にも、お台場プラージュをきっかけにパリに来てもらえれば」と話すクルグマン副市長

 

ページの先頭へ戻る

武井区長とクルグマン副市長とで台場を視察しました

区長署名式終了後、武井区長とクルグマン副市長は都立お台場海浜公園へ移動し、パリ市公認の「自由の女神像」や「お台場プラージュ」の予定会場(砂浜)を視察しました。

 

20180522megami1

台場の「自由の女神像」はパリのオリジナル像から型をとって鋳造されたパリ市公認の複製像

 

20180522megami2

自由の女神像の前で記念撮影

 

20180522kouen1

お台場海浜公園を視察

 

20180522kouen2

「素晴らしい景色ですね」と喜ばれていました

 

20180522kouen3

台場地域の子どもたちと

 

20180522kouen4

「お台場プラージュ」予定エリアで記念撮影

 

20180522gakuen1

「東京にこのような場所があったとは」と記者の方々に話されていました

 

その後、区立お台場学園にも立ち寄りました。子どもたちから「Bienvenue à DAIBA(ようこそ、台場へ)」とフランス語で熱烈歓迎を受け、クルグマン副市長も思わず笑みがこぼれていました。

 

 

20180522gakuen2

お台場学園正門で記念撮影

 

ページの先頭へ戻る

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課ベイエリア活性化推進担当

電話番号:03-6435-0481

ファックス番号:03-5445-4590