• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > フランス共和国のロクサナ・マラシネアヌ スポーツ大臣が武井区長とお台場を視察しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年2月7日

フランス共和国のロクサナ・マラシネアヌ スポーツ大臣が武井区長とお台場を視察しました

20190131_1

日本では、2019年にラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。一方、フランスは2023年のラグビーワールドカップの開催国であり、また、2024年オリンピック・パラリンピック競技大会はパリで開催されます。日本からフランス、そして東京からパリへと、それぞれバトンを受け渡す関係にあることから、両国・両都市の親和性が一層高まっています。

平成31年1月31日(木曜)、武井区長は、在日フランス大使館(港区南麻布4-11-44)からご依頼をいただき、来日中のロクサナ・マラシネアヌ スポーツ大臣を都立お台場海浜公園にお迎えしました。お台場では、フランス政府及びパリ市公認の「自由の女神像」や東京2020大会のトライアスロン等の競技予定会場を視察した他、東京都や港区による水質改善に向けた取組や平成30年に港区とパリ市が連携して開催した海水浴イベント「お台場プラージュ」等を大臣に紹介しました。

「お台場プラージュ」については、こちらのページをご覧ください。

20190131_2

台場の「自由の女神像」はパリのオリジナル像から型をとって鋳造された復刻像です。

 

(写真左から、ローラン・ピック駐日大使、ロクサナ・マラシネアヌスポーツ大臣、武井雅昭港区長)

20190131_3

 

公園内を歩きながら、武井区長から台場の歴史や砲台(第三台場)について紹介しました。

20190131_4

20190131_5

砂浜で地域の子どもたちが「Bienvenue à DAIBA(ようこそ、台場へ)」とお出迎えし、マラシネアヌ大臣も笑顔で手を振りました。

20190131_6

子どもたちは「ボンジュール!」と元気に挨拶しました。

20190131_7

20190131_8

東京2020大会トライアスロンのコースや「お台場プラージュ」等をパネルで紹介しました。

20190131_9

東京都心部の下水道の仕組みやお台場の水質改善に向けた取組等を説明しました。マラシネアヌ大臣も東京都や港区の取組に大変関心を持ち、「ぜひ、2024年パリ大会に向けてパリとも連携を深めていってほしい」とコメントされました。

20190131_10

実際にお台場の海に触ってみました。

「冬だからとても冷たいですが、水が澄んでいますね」

 

20190131_11

最後に、武井区長からマラシネアヌ大臣や同行者の皆さんに、福島県いわき市の復興を願う「いわき祝布(IWAKI IWAI-NUNO)」をお渡ししました。

 

※港区といわき市は、災害時に互いに助け合う「災害時相互協力協定」等を結んでいる他、様々な連携・交流事業に取り組んでおり、両都市は深い絆で結ばれています。

20190131_12

20190131_13

2000年シドニーオリンピック競技大会の競泳200m背泳ぎの銀メダリストでもあるマラシネアヌ大臣。

「夏になったらここで泳いでみたいです。その時は武井区長もぜひ一緒に泳ぎましょう。と、お台場の海をとても気に入っていただいた様子でした。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課ベイエリア活性化推進担当

電話番号:03-6435-0481

ファックス番号:03-5445-4590