• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 東京海洋大学と運河学習を行いました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年6月30日

東京海洋大学と運河学習を行いました

平成30年6月28日(木曜日)、東京海洋大学が港南中学校の2年生を対象として、第2回運河学習を行いました。

第1回運河学習の様子

鉄炭団子を利用した運河の浄化を考える

前回の講義で登場した鉄炭団子を利用して、運河を浄化できるかをテーマに、「現状理解→問題把握→仮説の設定→結果→考察→今後の課題」という流れで考えました。

 

 

講義の様子

現状理解・問題把握

今回は、運河の浄化に留まらず鉄炭団子の材料である鉄の性質や働きについて考えました。

生徒からは「硬い、錆びる、重い」などの意見が挙がりました。

また、鉄イオンは様々なものにくっつくことで電気を発生させることを理解しました。

仮説の設定・結果

次に鉄の性質から「鉄炭団子とヘドロを一緒にすると電気が発生するかもしれない」という仮定を設定しました。すると、ヘドロの中に入れた鉄炭団子から電気が発生し、またその電力はヘドロの入ったコップを多くつなげるほど大きくなりました。

 

鉄炭団子とヘドロを使った実験の様子

考察・今後の課題

鉄炭団子はどのくらいの時間電気を発生させることができるのか、などを考察しました。また、今後の課題として発生した電気の利用方法などについて意見を出し合いました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課ベイエリア活性化推進担当

電話番号:03-6435-0481

ファックス番号:03-5445-4590