• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 東京海洋大学と運河学習を行いました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年7月20日

東京海洋大学と運河学習を行いました

平成30年7月12日(木曜)、東京海洋大学が港南中学校の2年生を対象として、第3回運河学習を行いました。

運河の現状を知る

第3回の運河学習では実際に芝浦西運河のカニ護岸へと足を運びました。

H300712_運河の様子

カニ護岸の様子

 

運河をみた印象

カニ護岸には鉄炭団子を投入した池(B池)とそうでない池(A池)があります。

この日は前日に雨が降ったため少し水が濁っていましたが、思ったよりきれいという感想を持つ生徒が多くいました。

しかし、ゴミが浮いていたり、多少匂いがするなどのマイナスな感想を持つ生徒もいました。

調査の結果

水温や塩分の値は鉄炭団子が入っているかどうかに関わらずほぼ同じでしたが、水の汚れ具合の指標であるCOD(科学的酸素要求量)には大きな差があり、鉄炭団子の浄化効果が見られました。

また、カゴを使って生物を採取したところカニ類1匹、ハゼ類13匹が見つかりました。これらの生物はA池、B池の両方で見ることができました。

H300712_水質調査

水質調査

H300712_生物調査

生物観察

運河と生物のつながり

生徒たちは鉄炭団子により水質が改善されていることを今回の調査で実感したようです。

また、鉄炭団子をもっと多く投入したり、水質のためだけではなく、生物のための環境づくりを進めることで、多種多様な生物がみられるようになるのではないかという考えも聞くことができました。

今後のスケジュール

運河学習の年間計画は次のとおりです。

 

平成30年10月18日(木曜)

平成30年12月6日(木曜)

平成31年2月7日(木曜)

鉄炭団子とは

鉄炭団子は鉄と炭が一緒になった団子です。鉄と炭が密着した鉄炭団子を水中に入れると、鉄イオンが溶け出して水中に増えていきます。溶け出した鉄イオンは、赤潮やアオコの原因となるリンなどと化学反応し、有害プランクトンの発生を抑制します。また、鉄イオンは水中にある化学物質と結合し、それを水中生物がミネラルとして吸収していきます。これにより光合成を行う水中生物が増加・活性化することによって、水中の二酸化炭素を吸収し酸素を発生させる働きが活発になり、水質の改善だけでなく、空気環境の向上や温暖化防止にも効果が期待できます。

 

発案者(知的財産権保有者):無有産(むーぶ)研究所・杉本幹生氏

芝浦アイランドのカニ護岸と潮溜まり

芝浦アイランド西岸の夕凪橋から南側にかけての護岸(約200メートル)は、カニが生息できるように工夫された特殊なテラス型の護岸で、「カニ護岸」と称されています。普段は立ち入ることができませんが、カニ護岸には自然に近い形の特殊なパネルがはめ込まれており、大小さまざまなカニが棲み処にしています。また、潮の満ち引きに応じて運河の水が入るよう工夫された潮溜まり(タイドプール)が2箇所設けられており、運河に生息する生物の生息環境を観察できるようになっています。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課ベイエリア活性化推進担当

電話番号:03-6435-0481

ファックス番号:03-5445-4590