• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 在宅緩和ケア > がん在宅緩和ケア患者・家族交流会(ミニ講話と相談の集い)

ここから本文です。

更新日:2017年7月11日

がん在宅緩和ケア患者・家族交流会(ミニ講話と相談の集い)

港区は、住み慣れた場所でがんと向き合いながら、安心して在宅療養が受けられることを目指して、がん患者の在宅緩和ケア支援の取り組みを進めています。
「緩和ケア」とは、がんと診断された時から治療と並行して行われ、患者やその家族のさまざまな痛みやつらさを和らげ、支えていこうとするものです。
専門家による講話を聞きながら、講師への質問や参加者同士の意見交換などを通じて一緒に学ぶ交流会を開催いたします。相談もできます。どうぞお気軽にご参加ください。

対象

  • 緩和ケア相談を希望する人(家族・友人などを含む)
  • テーマに関心がある人

とき・内容

実施日 時間 テーマ 講師
平成29年9月4日(月曜日) 午前10時から午前11時30分まで 親ががんになったとき、子どもに何を伝え、どう支えるか? 大沢 かおりさん
(Hope Tree代表理事/東京共済病院/社会福祉士)
平成29年10月2日(月曜日) 午前10時から午前11時30分まで がん医療における漢方の役割とは? 小田口 浩さん
(北里大学東洋医学総合研究所所長/医師)
平成29年11月6日(月曜日) 午前10時から午前11時30分まで 死生学を学ぶ―こころの健康からみた終活 飯森 眞喜雄さん
(いいもりこころの診療所院長/日本臨床死生学会理事長/医師)
平成29年12月15日(金曜日) 午前10時から午前11時30分まで がんになっても治療と仕事を両立させるには? 小林 奈緒さん
(がんサポートコミュニティー/産業カウンセラー)

ところ

  • みなと保健所

定員

  • 各回15人

費用

  • 無料

申し込み

  • 電話で健康推進課地域保健係へ(TEL:03-6400-0084)

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課地域保健係

電話番号:03-6400-0084

ファックス番号:03-3455-4460