• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 学校・幼稚園・教育 > 校外学園 > 箱根ニコニコ高原学園の団体利用案内

ここから本文です。

更新日:2019年6月21日

箱根ニコニコ高原学園の団体利用案内

箱根ニコニコ高原学園の利用案内

区立小学校(移動教室・夏季学園)や教育委員会が利用する期間を除いて、区内の社会教育活動団体等の教育活動の場としても利用することができます。  ※学校や教育委員会が実施する行事が優先されます。                                                   

利用できる方

次の(1)と(2)の両方を満たした団体(※個人での利用はできません)

(1)港区在住・在勤・在学者の団体であること

  • 全員が港区である必要はありません。ただし、活動の本拠及び団体の所在地(事務局等)が港区になければなりません。
  • 全国組織の団体の場合、全国規模での利用はできませんが、港支部での利用は可能です。
  • 営利団体(会社組織、私塾等)及び家族や個人のみでの利用は、該当しません。
  • 私立学校内の部活での利用も可能です。
  • 社会教育関係登録団体、社会体育登録団体、区民センター登録団体等は、該当します。

(2)社会教育活動を行うための利用であること。

  • スポーツ、趣味、学芸、学習、自然教室などの社会教育活動、またはその活動のための研修会等を学園内で行うこと。

利用できる日数

同一団体は引き続き2泊3日まで利用できます。

利用できる期間

4月及び11月中旬~3月(年により変動があります。)

令和元年度は10月1日(火)宿泊分~10月19日(土)宿泊分、11月16日(土)宿泊分~令和2年3月31日(火)宿泊分(年末年始(12月28日~1月4日)を除く。)

※上記期間であっても学校や教育委員会が実施する行事が優先されます。また、建物・設備の改修等で臨時に休園することがあります。

 

 利用料金(1人1泊につき)

 

料金表(平成29年4月改定)

区分

大人

小学生・中学生・高校生

幼児

食事(2食)を伴う場合

2,300円

1,800円

1,300円

食事を伴わない場合

1,000円

500円

無料

  • 他に入湯税が1人一泊150円かかります(中学生以上)。現地払い。
  • 食事は1泊につき5名以上の利用の場合に用意できます。
  • 幼児の場合で寝具を使用するときは小学生・中学生・高校生扱いになります。
  • 夕食か朝食の片方だけしか食事をしない場合でも、金額は変わりません。

利用時間(チェックイン・チェックアウトタイム)

利用開始日の午後2時から、利用最終日の午前10時まで
チェックイン14時00分チェックアウト10時00分

食事は5名から(1泊2食)

1泊につき5名以上の利用の場合に学園で用意できます。

  • 用意できるのは1泊2食(夕食と朝食)です。
  • 5名未満の場合、食事は各自用意するか外出してください。

学園はセルフサービスです

布団の上げ下ろしや、配膳、清掃、後片付けはすべて各自で行なってください。
タオル、歯ブラシ、石鹸等の消耗品は学園にはありませんので、各自で用意してください。

喫煙について

学園内(敷地内含む)は禁煙です。

予約方法

利用日の3か月前の1日から受け付けます。(休園日の12月28日から1月4日を除く。)箱根ニコニコ高原学園へ直接電話で予約してください。
予約受付時間:午前8時30分から午後5時15分 電話:0460-84-8103

申込方法

電話予約後に利用申請書を学園へ送付(郵送又はファックス)してください。(ファックス:0460-84-5726)
学園から送付された納入通知書により、学園が指定する期限までにお近くの金融機関で使用料、賄料をお支払いください。納付を確認でき次第、利用承認書をお送りします。(利用日の14日前までに利用承認書をお受け取りいただく必要があります。)
利用承認書は利用当日学園へ提出してください。

使用料、賄料の還付

既に納めた使用料・賄料について、下記の場合、還付します。

  • 教育委員会の事情により利用変更や取消しが生じたとき。
  • 天災、不慮の事故、その他使用者の責によらない理由により、学園が利用できない状態にあるとき。
  • 既に納めた使用料について、使用取消申請書を使用開始日の7日前までに提出した場合には全額、前日までに提出した場合には、2分の1相当額。
  • 既に納めた賄料は、使用取消申請書を使用開始日の7日前までに提出した場合には、全額。

使用料の減免

免除の対象となる方は、心身障害者本人と、その介護者分だけです。ただし、介護者は心身障害者1人につき1人までです。

関連リンク

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学校教育部学務課学校運営支援係

電話番号:03-3578-2111(内線:2730)