• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 暮らし・手続き > 動物・ペット > 動物死体 > 鳥インフルエンザに関する情報(大田区の死亡野鳥について)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年1月18日

鳥インフルエンザに関する情報(大田区の死亡野鳥について)

環境省と東京都は、平成30年1月5日(金曜日)に大田区で回収された「オオタカ」について、確定検査を実施したところ、平成30年1月17日(水曜日)に「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)」であることが確定されたと発表しました。引き続き、個体確認地点の周辺10km圏内が野鳥監視重点区域とされ、野鳥監視強化が継続されます。

なお、鳥インフルエンザは、通常では人に感染しないと考えられています。下記の注意事項に留意し、冷静な行動をお願いします。

すずめ、鳩、からすなどが3羽以上同じ場所で死んでいる場合、その他カモなどの渡り鳥が死んでいる場合は、下記の事項に注意し、保健所等に連絡してください。

港区では今後も国や都などから情報を収集し、区民の皆様への情報提供を行ってまいります。

注意事項

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては過度に心配する必要はありませんが、以下のことに注意してください。

  • 衰弱した鳥と接触しないようにしてください。
  • 死んだ野鳥には素手でさわらないでください。
  • 鳥のフンなどに触れた場合には、しっかりと手洗い、うがいをしてください。

野鳥は様々な理由で死亡するので、死亡鳥があったからといって過剰な心配は不要です。

国内では、鳥インフルエンザが野鳥から直接人に感染した例は、ありません。

問い合わせ、または連絡先

みなと保健所生活衛生課生活衛生相談係 電話番号:03-6400-0043

東京都環境局自然環境部計画課鳥獣保護担当 電話番号:03-5388-3557

夜間・休日の場合は港区役所 宿直までご連絡ください。

電話番号:03-3578-2111

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所生活衛生課生活衛生相談係

電話番号:03-6400-0043