• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 区政情報 > 各種広報媒体 > 港区のできごと > 最近10日間のできごと > 港区と港区議会は米軍ヘリコプター事故に関する要請書を防衛大臣に送付しました

ここから本文です。

更新日:2017年10月13日

港区と港区議会は米軍ヘリコプター事故に関する要請書を防衛大臣に送付しました

本日(12日)、武井雅昭港区長と池田こうじ港区議会議長は連名で「米軍ヘリコプター事故に関する要請書」を防衛大臣に送付しました。

港区には、23区で唯一、米軍基地『赤坂プレスセンター(港区六本木7丁目)』があります。このため、港区民とりわけ近隣住民は、ヘリポート基地の使用による騒音に悩まされ、事故発生の不安を常に抱えています。これまで、港区は港区議会とともに、関係機関に対して、区民の安全で安心できる生活を守るため、当該へリポート基地に関する要請行動を継続して実施してきました。

昨日(11日)、沖縄県米軍北部訓練場付近の東村の民間地で、米軍ヘリコプター(CH-53)が飛行中に出火し、緊急着陸のあと炎上するという事故が発生しました。人命に関わる惨事につながりかねないこのような事故の発生は、米軍基地が存在する港区民にも大きな衝撃と不安を与えています。

港区と港区議会は、防衛大臣に対し、区民の安全で安心な生活を守るため、直ちに米国に対し、今回の事故原因の究明と再発防止を求めるように要請書を送付しました。

要請書

米軍へリコプター事故に関する要請書(防衛大臣あて)(PDF:258KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025

ファックス番号:03-3578-2976