• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > カナルサイド高浜建替基本設計業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年11月14日

カナルサイド高浜建替基本設計業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

1プロポーザル方式採用の理由

カナルサイド高浜の建替えに際しては、公的賃貸住宅の整備や複合施設としての整備に関し、現在の福祉施設の機能や土地区画整理事業の影響及び制約事項などを理解した上で、住宅の視点のみならず、福祉分野の知識と経験を踏まえた基本設計業務を実施することが必要となっています。また、建替え予定敷地は前面道路と高低差のある敷地であり、さらにJR線路に挟まれた特殊な敷地であるため、工事の施工計画についても詳細な検討を行う必要があることから、高度な専門的知識と業務遂行能力のある事業者を選考するためにプロポーザル方式を採用しました。

2選考の経過

第一回選考委員会 平成29年7月18日(火曜日)
公表、募集要項配布 平成29年8月1日(火曜日)
質問回答 平成29年8月15日(火曜日)
参加表明書提出締切 平成29年8月22日(火曜日)
第二回選考委員会(第一次審査) 平成29年9月7日(木曜日)
第一次審査結果通知 平成29年9月8日(金曜日)
第三階選考委員会(第二次審査) 平成29年9月20日(水曜日)
第二次審査結果通知 平成29年9月21日(木曜日)

 

3参加事業者

1事業者

4審査方法

(1)第一次審査

事業者からの技術提案書をもとに書類審査を行い、参加した1事業者を第一次審査通過としました。

(2)第二次審査

第一次審査通過者のプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、第一次審査と第二次審査を合わせた総合評価により事業者を選考しました。

5選考結果

市浦ハウジング&プランニング・プラウド共同事業体

6選考理由

・鉄道会社との協議経験があり、線路が近接している敷地の状況を理解し、対応すべき業務内容の提案があったこと。

・複合施設としての設計実績があり、設計工程については、区以外の様々な組織との調整を基軸にスケジュールを立てており、限られた時間の中での業務遂行が見込まれること。

・高層住宅や福祉施設の設計業務についての経験があり、各施設の経験者が基本設計に従事できる体制を組むことができること。

・メンテナンス性の良い材料の提案があり、ライフサイクルコストについての意識が感じられたこと。

・建設コストの削減や設計の自由度を高める提案があったこと。

・質疑応答に際しては誠実に対応し、業務に対する熱意が伝わってきたこと。

7事業候補者選考委員会の構成

委員長 前田 英寿 芝浦工業大学 教授
副委員長 野澤 靖弘 港区街づくり支援部長
委員 山田 あすか 東京電機大学准 教授
委員 古賀 誉章 宇都宮大学准 教授
委員 増田 裕士 港区街づくり支援部 住宅課長
委員 大森 隆広 港区企画経営部 施設課長

 

その他

・募集要項(PDF:192KB)

・技術提案書等作成要領(PDF:286KB)

・第一次審査評価表(PDF:220KB)

・第二次審査評価表及び最終結果(PDF:174KB)

・選考委員会会議録(第一回)(PDF:346KB)

・選考委員会会議録(第二回)(PDF:353KB)

・選考委員会会議録(第三回)(PDF:368KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:街づくり支援部住宅課住宅政策担当

電話番号:03-3578-2111(内線:2288)

ファックス番号:03-3578-2239