• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 防災・生活安全 > 国民保護 > 弾道ミサイル落下時の行動について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時における緊急情報の提供について

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが落下する可能性がある場合は、Jアラート(全国瞬時警報システム)を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともに緊急メッセージを流すほか、次の手段により緊急情報をお知らせします。

緊急メッセージが流れたときの行動について

緊急メッセージが流れたときは落ち着いて、次のとおり行動してください。

   1. 屋外にいる場合

     できる限り頑丈な建物や地下街などに避難する。

   2. 建物がない場合

     物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

   3. 屋内にいる場合

     窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

詳しくは、内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

弾道ミサイル等の落下時における区の対応について

港区では、弾道ミサイル等の落下などの事案が発生した場合、「避難」や「救援」などの国民保護措置を迅速・的確に実施できるよう平成28年3月に「港区国民保護計画」を作成しています。

詳しくは国民保護のページをご覧ください。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課危機管理担当

電話番号:03-3578-2515

ファックス番号:03-3578-2539