• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 港区商店街等英語対応力向上支援事業支援業務委託事業候補者のプロポーザル選考結果について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2015年11月3日

港区商店街等英語対応力向上支援事業支援業務委託事業候補者のプロポーザル選考結果について

1 プロポーザル方式採用の理由

当事業は、区内に立地する商店街等の店舗に対して、伝統工芸品や和菓子、和食等、日本の歴史や文化についての予備知識がなければ英語での説明が難しい特有の商品、サービス等を、各店舗の従業員が日本語を母語としない外国人にも分かりやすく的確に説明できるよう、それぞれの店舗に合わせた英語対応力向上支援(オーダーメイドマニュアルの作成・外国人による買い物シミュレーション講習)を行うものです。2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定を踏まえ、外国人区民はもとより、外国人観光客も快適かつ気軽に商店街を利用できる環境作りを進めることを目的としています。

本事業の支援を確実に行うため、事業者には、

  1. 各店舗へのヒアリングにおける誠実できめ細かな対応
  2. マニュアルの作成における情報分析能力、日本文化を効果的に伝える能力
  3. 翻訳・通訳に関する高度な知識と技術

等、複合した高度な能力が求められます。

プロポーザル方式の採用により、上記の能力の水準をそれぞれ見極めることが可能となり、当支援業務を高い水準で実施できる事業者を的確に選定することができます。結果として、外国人の満足度を高めるとともに、店舗の売上増加にもつながり、国際化推進施策上の効果だけでなく、産業振興施策上の効果も期待できます。

2 選考の日程

平成27年8月21日(金曜日)

第1回選考委員会(募集要項、事業候補者選考基準、仕様書(案)を決定)

9月3日(木曜日)

公表、募集要項配布、参加表明書・書類受付開始

9月3日(木曜日)

質問受付開始

9月10日(木曜日)

質問受付締切(午後1時)

9月14日(月曜日)

質問回答

9月17日(木曜日)

参加表明書・書類提出締切(午後5時)

9月28日(月曜日)

第2回選考委員会第一次審査(書類審査)

9月29日(火曜日)

第一次審査結果通知

10月8日(木曜日)

第3回選考委員会第二次審査(プレゼンテーション・質疑応答)

10月9日(金曜日)

第二次審査結果通知

3 参加事業者

3事業者

4 審査方法

第一次審査(書類審査)

参加事業者から提出された申込書類及び提案書類について、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員会委員が評価採点し、総合的な審査を行い、2事業者を第一次審査通過としました。

第二次審査(プレゼンテーション、質疑応答)

第二次審査については、1事業者あたり、提案書の内容についてのプレゼンテーションを15分、質疑応答を20分行いました。
第一次審査及び第二次審査とを合わせた総合評価により、事業候補者を選考しました。

5 選考事業候補者名

株式会社アーバンコネクションズ

6 審査結果

会社名(記号)

第一次審査
(750点満点中)

第二次審査
(500点満点中)

総合
(1250点満点中)

最終順位

A社
(株式会社アーバンコネクションズ)

561

432

993

1

B社

555

428

983

2

C社

347

-

-

3

 

7 選考理由

(1)ヒアリングについて

ヒアリング前の事前視察の実施、対象の商品・サービスに対する店舗側の思いや文化的背景など必要な情報を的確に引き出すための手法として事前アンケートを実施すること、外国人目線でのマニュアルを作成するため実際にマニュアルを執筆する外国人社員がヒアリングに同行することなどが提案され、各店舗に対し誠実かつ非常にきめ細かな対応を図る点が優れている。

(2)マニュアルの内容について

マニュアル作成に関して、第一次審査・第二次審査を通して確認した結果、外国人編集者の商品・サービスに対する、より外国人の視点に立った的確な分析が行われている点、分析に関わる担当者が「日本の文化を伝える」という業務趣旨を十分に理解し、豊富な知識と高い専門性を持っているという点が優れている。実際に、課題(「あんこ」を説明するマニュアルの作成)に対し提出されたマニュアルは、デザインや構成について独自のアイディアが取り込まれ、工夫されたものとなっており、店舗にとっても見やすく活用しやすい。本業務のマニュアル作成において重視する「外国人」と「店舗」二つの視点を備えたマニュアルは、選考委員からは質が高いとの評価を得た。

(3)翻訳について

日本語及び英語を母語とする複数の翻訳者により、日英双方のダブルチェックを行う翻訳体制は非常に手厚いものであるとともに、「外国人の目線」を重視し、マニュアルの作成に当たって、まず英語で執筆し、これを日本語に翻訳するというユニークな手法を採用しており、「外国人に伝わる」的確な翻訳が可能となっている。課題に対し提出されたマニュアルの中の英語部分について、事務局採点項目としてその的確性を外部の専門家が評価したところ、応募のあった3社のうち、最も高い評価となった。

(4)シミュレーション講習について

外国人と日本人との間の英語によるコミュニケーション・コンサルティングの豊富な実績を活用するとともに、今回作成したマニュアルを利用した数種類のロールプレイングによる講習は、効果的・実践的な内容である。

8 事業候補者選考委員会の構成

役職 氏名 所属
委員長 安田 雅俊 産業・地域振興支援部長
副委員長 加耒 順也 産業・地域振興支援部 国際化・文化芸術担当課長
委員 有賀 謙二 産業・地域振興支援部 産業振興課長
委員 重富 敦 産業・地域振興支援部 観光政策担当
委員 大島 さくら子 一般財団法人港区国際交流協会英語講師

9 公表資料

(1)募集要項・応募関係書類等

(2)事業候補者選考委員会会議録

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部地域振興課国際化推進係

電話番号:03-3578-2565(内線:2565)