• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年5月21日

児童数の増加および特別支援学級の設置への対応について

内容

子どもが特別支援学級に入学している者です。
港区では以前より、通常学級に在籍する発達障害のある児童を対象に学習支援員を配置、特別支援学級に在籍している児童に対してはスクールカーを用意していただくなど、他区と比べてきめ細かい支援があることに、当事者の親としてとても感謝しております。
その一方、区では現在、計8校の小中学校に特別支援学級を設置されていますが、通常学級でも児童・生徒数が増加する傾向にあり、エリアによってはそのニーズに応えきれず、偏りがあると聞きます。
わが子の通学区域の小中学校にはいずれも特別支援学級がないため、将来的に設置していただくよう以前からお願いをしており、区からは「ニーズ等を見据えながら適切に対応していく」旨の文書回答をいただいたところです。
障害のある子は、通学区域から遠く離れた学校にスクールカーで送迎をしてもらうため、地域コミュニティとの関わりを持てないまま過ごす傾向が強く、特別支援学級がない小中学校で育った子ども達は、障害のある人達と日常生活の中で関わる機会が少なく、接し方を知らないことが多いのです。
障害のある無しに関わらず、子供達は区内で通学の安全が守られ、学校・地域の中で、のびやかに育つ権利があります。
ただ建築物を増やして対処するのではなく、「既存の建物や資源を最大限に生かしながら」区民の多様なニーズに柔軟な対応を行なっていただくよう、ご一考願います。

区の対応・考え方

特別支援学級の設置につきましては、区内のすべての小中学校に設置することは難しいと考えておりますが、今後、児童数の増加等により、特別支援学級の増設が必要な際には、いただいたご意見を踏まえ、「既存の建物や資源を最大限にいかしながら」区民の多様なニーズに柔軟に対応してまいります。
また、障害のある児童・生徒と地域コミュニティの交流について、区の特別支援学級では、通学する児童・生徒と地域コミュニティとの交流の場を設けるため、地域の商店街で買物をするなどの学習活動を行っております。さらに、通常学級との共同学習や、他校の特別支援学級との交流活動も行っています。
また、スクールカーの運用につきましては、これまでも児童に適した学校に通学できるよう、柔軟に対応してまいりましたが、今後は、より一層実情を踏まえた対応を目指してまいります。

担当課

教育委員会事務局学務課特別支援相談担当

ご意見をいただいた時期

平成29年1月

関連分野

子ども・家庭・教育-学校・幼稚園・教育-小・中学校

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広聴担当

電話番号:03-3578-2050