• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年5月21日

小学校学区について

内容

友人が実際に住んでいる所と違う場所に、住民票を移して、その学区の小学校へ通うそうです。抽選なしに可能なのでしょうか。

区の対応・考え方

このたびの「小学校学区について」のご意見について、回答申し上げます。
区では、新1年生の入学手続きの際、10月上旬に発送する新入学の学校選択希望制のご案内に、「希望する学校に入学することを目的に、実際の生活の本拠地とは異なる住所に住民票を異動するケースについては法律に違反する行為であり、学校選択希望制の公平性を損なうものである」ことを記載し、虚偽の住民登録をしないよう周知しています。
さらに、1月に送付する就学通知書には、送付先の住所に居住していないことが判明した場合は、入学後であっても転校していただく旨を記載しています。
また、ご指摘のありました学区の小学校は、平成29年度新入学では抽選実施校となっていませんが、入学する学校の学区域内へ入学までに転居した方は、適正な就学のため、区職員が住民登録地を訪問し、居住実態の確認を行っています。
不正を把握した場合には、その児童の保護者に対し、住民票を実際の居住地に移し、本来就学すべき学校への転校を促すとともに、居住実態の調査等を徹底してまいります。

担当課

教育委員会事務局学務課学事担当

ご意見をいただいた時期

平成29年1月

関連分野

子ども・家庭・教育-学校・幼稚園・教育-小・中学校

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広聴担当

電話番号:03-3578-2050