• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 計画・指針 > 港区ホームページにおける「AI翻訳実証実験」を開始します

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年7月24日

港区ホームページにおける「AI翻訳実証実験」を開始します

平成30年7月10日(火曜)、港区と日本マイクロソフト株式会社、国立大学法人豊橋技術科学大学、グローバルデザイン株式会社は、「AIを活用した行政向け自動翻訳サービスの実証実験に関する協定」を締結しました。

行政分野における精度の高いAI翻訳を実現するため、各者の持つ環境や技術力を総合し、港区ホームページをフィールドとして、行政向けAI翻訳システムの開発及び実証実験を行い、その効果を検証します。

実証実験に至った経緯

港区ホームページは、日本語の全ページを機械翻訳システムにより自動翻訳し、外国人住民等に対する正確で充実した区政情報の提供に努めています。しかし、機械翻訳システムによる翻訳は、主語の省略や比喩表現が多い等、日本語の特徴的な文章構造により、特に英語の翻訳精度が低く、その精度向上が求められています。

近年、AI(artificial intelligence=人工知能)による自動翻訳が飛躍的に向上し、通常の会話や文章については精度の高い翻訳が可能となっていることから、その導入について検討を進めてきましたが、行政で頻繁に使用する用語や、港区だけで使用する固有名詞などを含めた場合は、誤訳が多くなり実用に踏み切る上で課題となっていました。

そうした中、共同してAI翻訳に関する研究と技術開発に取り組んでいる、区内事業者である日本マイクロソフト株式会社と国立大学法人豊橋技術科学大学から、港区ホームページの運用を担っている事業者と協力し、港区ホームページをフィールドとして行政分野における精度の高いAI翻訳を実現したいとの要望があり、この度の実証実験に至りました。

実証実験の内容

第1段階

港区がこれまで発行した冊子やパンフレット等の日英対訳文をAIに学習させた上で、行政分野で頻繁に使用する用語や港区特有の用語を登録することのできる辞書登録機能を付加し、行政分野に特化したAI翻訳システムを完成させます。

第2段階

完成したAI翻訳システムを、港区ホームページの一部に適用し、翻訳精度を検証します。

実証実験における役割

港区

日英対訳文の提供、港区ホームページへのシステム適用

日本マイクロソフト株式会社

AI翻訳システムの提供及び技術支援、システムへの単語登録機能の開発

国立大学法人豊橋技術科学大学

実証実験後の効果検証

グローバルデザイン株式会社(ホームページ運用事業者)

港区ホームページへのシステム実装、全体のマネジメント他必要な実務作業

協定締結式

日時

平成30年7月10日(火曜)

出席者

  • 港区長 武井 雅昭
  • 港区副区長 田中 秀司
  • 日本マイクロソフト株式会社 代表取締役社長 平野 拓也氏
  • 日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員・ナショナルテクノロジーオフィサー 田丸 健三郎氏
  • 国立大学法人豊橋技術科学大学 理事・副学長 寺嶋 一彦氏
  • 国立大学法人豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センター長・教授 井佐原 均氏
  • グローバルデザイン株式会社 代表取締役 白旗 保則氏
  • グローバルデザイン株式会社 取締役兼東京オフィス所長 志村 紀彦氏

区長の署名

全員で記念写真

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034