• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

平成29年(2017年)5月1日配信

お知らせ

メールマガジンの購読をご希望される方は下記ページからご登録ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━╋
 港区メールマガジンきらっと☆
 区長室から
 2017年5月1日 No.203
╋━━━━━━━━━━━━━━╋

■区長エッセイ

―待機児童対策―

こんにちは、武井雅昭です。

5月といえば、端午の節句です。子どもの健やかな生育を願い、家々の軒先に飾られる「こいのぼり」。港区では、高さ333メートルと同じ数のこいのぼりが、東京タワーで一斉に新緑の風を受けて元気に泳ぎます。こいのぼりの中に、1匹だけサンマの形をした「さんまのぼり」がいることを皆さんご存知でしょうか。すっかりおなじみとなった秋の「東京タワーさんま祭り」で、サンマを提供していただいている岩手県大船渡市を含む東日本大震災で被害を受けた地域の復興を願い、特注の「さんまのぼり」を飾っているそうです。夜はライトアップもされ、昼とは違う333匹のこいのぼりと1匹のさんまのぼりを見ることができます。

さて、今年2月に港区の人口は25万人を超えました。これは、昭和38年以来、実に54年ぶりのことです。その後も人口は順調に増加して、4月1日現在の速報値では、251,015人と、1か月半で約1,000人増加しています。
人口の増加は、街に活気とにぎわいをもたらします。同時に、待機児童対策などさまざまな行政需要が増大し、区民の日々の暮らしに密着したサービスを提供する区の役割と責任は、ますます拡大しています。
これまでも区は、待機児童の解消を区政の最重要課題と位置付けて、保育園の定員拡大に取り組んできました。その結果、今年4月の保育定数は、10年前の約3倍となる7,279名に達していますが、待機児童数は171人(速報値)で、前年の64人から大きく増加しています。
この状況を受け、区は、待機児童を解消するための緊急対策として、平成30年4月までに、保育定員を約1,000人拡大することとしました。港区に住む誰もが安心して子どもを産み、育てることができるよう全力で取り組みます。特に、保育需要の高い1歳児枠を確保します。
実現するために、区は次の通り取り組みます。
(1)現在計画している、港南地区の五色橋保育室、港南緑水公園内保育園などの保育施設の整備を着実に実施します。これにより、300人程度の定員拡大を見込んでいます。
(2)既存の区立認可保育園や保育室の定員を拡大することと旧学校など区有施設も活用して定員を拡大します。この取り組みでは、250人程度の定員の拡大を見込んでいます。
(3)区内各地にある国有地や都有地を活用して保育施設を開設し、100人程度、定員を拡大します。
(4)今年4月に定員50人で開始した「居宅訪問型保育事業」の定員を100人に拡大します。
(5)民有地・民間ビルの活用です。土地や建物を所有する方々から物件を公募して、保育所整備を希望する運営事業者とのマッチングを区が主導することで、300人程度の保育施設の開設を目指します。
東京都が実施する固定資産税の減免制度や都・区で行う保育事業者向けの改修、賃料補助などの組合せにより保育施設の整備を誘導します。今年3月には、私も、不動産業界、東京商工会議所港支部、港区商店街連合会、信用金庫などを訪れ協力をお願いしました。早速、何件かの申し出を頂いています。
今後も、従来の手法にとらわれず広く可能性を探り、早期の待機児童解消を目指します。

4月には、いよいよ「港区客引き行為等の防止に関する条例」が施行されました。この条例は、区内全域の道路や広場等の公共の場において、居酒屋やカラオケ、マッサージ等全ての業種を対象に、「客引き」「客待ち」を禁止するものです。そして、「スカウト(特定の業種へのあっせん)」行為も対象に加えました。条例が守られない場合には、指導・勧告・命令を行いますが、行為が是正されない場合には、5万円以下の「過料」を適用します。
区には、新橋、赤坂、六本木をはじめ、魅力的な繁華街が多くありますが、客引きやスカウト行為が、区民や港区を訪れてくれた方々に不安を与える要因となっています。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、誰もが安心して訪れることのできる港区にするため、生活安全パトロール隊による活動なども含めて、この新しい条例に基づき、安全安心なまちづくりを推進していきます。

桜の時期も過ぎ、淡い緑が日に日に色濃くなる季節になりました。若々しい緑に心が癒され元気が湧いてきます。港区は緑が多いことも魅力の一つです。皆さんも、身近な区内の公園や、新緑を求めてちょっと遠出をしてみてはいかがでしょうか。

それでは、今回はこれで失礼します。
平成29年5月1日
港区長 武井 雅昭

 

区長室からのお知らせです。

■広報みなと
本日、広報みなと5月1日号を発行しました。
「港区役所庁舎1階南側フロアが7月25日(火曜)にリニューアルオープンします」の他、さまざまなトピックスや講座・催し物などのイベント情報、その他のお知らせを掲載しています。
ぜひ、ご覧ください。PDFでの紙面ダウンロードもできます。
http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/minato2017/201705/index.html


■広報番組
本日、下記番組を更新しました。

港区広報トピックス「港区ワールドフェスティバル」(5月1日配信分)
http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/bangumi/topics/170501.html

区民とともに Feel your MINATO「わかりあう心、通じあう心『港区国際交流協会』」(5月1日配信分)
http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/bangumi/kumin/170501.html


■港区のできごと
2017年4月のできごとはこちらからご覧ください。
http://www.city.minato.tokyo.jp/houdou/kuse/koho/dekigoto/koremade/201704/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
港区企画経営部区長室広報係
〒105-8511 港区芝公園1丁目5番25号
電話 03-3578-2036
PC用 http://www.city.minato.tokyo.jp
モバイル用 http://www.city.minato.tokyo.jp/mobile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信内容の変更・停止の場合はこちらから
PC用 http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/mail-magazine/
モバイル用 http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/mobile/mail-magazine/mail-magazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2164