• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 区政情報 > 各種広報媒体 > 広報みなと > 広報みなと2017年 > 広報みなと2017年1月 > 広報みなと2017年1月11日号 トップページ > 広報みなと2017年1月11日号 給与支払報告書・その他法定調書および法定調書合計表の提出について(e-Tax・eLTAXをぜひご利用ください)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年1月11日

広報みなと2017年1月11日号
給与支払報告書・その他法定調書および法定調書合計表の提出について(e-Tax・eLTAXをぜひご利用ください)

平成28年中に、「提出区分」(表1参照)に該当する支払いをした人は、給与支払報告書、その他の法定調書を1月31日(火曜)までに提出してください。

各提出書類の早めの作成と提出にご協力をお願いします。

注意事項

  • 源泉徴収票・支払調書の下部にある「署番号」、「整理番号」欄には、税務署からお送りした「法定調書合計表」に印字されているものを記入してください。
  • 平成28年1月1日以後の金銭等の支払等に係る法定調書には、マイナンバーまたは法人番号の記載が必要となります。
  • 給与支払報告書(源泉徴収票)は、用紙の大きさが従来のA6からA5サイズに変更され、項目が大幅に変わっています。
    法定調書の用紙は、国税庁ホームページ(外部サイトへリンク)からダウンロードできます。
  • 提出の範囲や記載方法等の詳しい内容は、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引き」(国税庁ホームページ(外部サイトへリンク)にも掲載しています)をご覧ください。
  • 税務署へ提出する源泉徴収票・支払調書および法定調書合計表は、インターネットを利用したe-Tax「国税電子申告・納税システム」(外部サイトへリンク)を利用して提出することができます。
    また、光ディスク等により源泉徴収票・支払調書を提出することもできます。
  • 区へ提出する給与支払報告書は、インターネットを利用したeLTAX「地方税ポータルシステム」(外部サイトへリンク)から提出できます。

表1 提出区分

支払いの内容

提出する法定調書

提出先

俸給、給料、賞与等の支払い

(1)給与所得の源泉徴収票
(2)給与支払報告書(総括表・個人別明細書)

(1)税務署
(2)区市町村

退職手当、一時恩給等の支払い(法人の役員に対するもの)

退職所得の源泉徴収票・特別徴収票

税務署・区市町村

(1)原稿料、印税、講演料等の支払い
(2)弁護士、司法書士、税理士、弁理士等への報酬、料金の支払い
(3)外交員、集金人、モデル等への報酬、料金、契約金の支払い
(4)芸能人への出演料等の支払い
(5)バー、キャバレー等のホステス等への報酬、料金の支払い
(6)広告宣伝のための賞金の支払い

報酬、料金、契約金および賞金の支払調書

税務署

地代、家賃、権利金、更新料、承諾料、名義書換料等の支払い

不動産の使用料等の支払調書

税務署

土地、建物等の取得の対価の支払い

不動産等の譲り受けの対価の支払調書

税務署

土地、建物等の売買や貸し付けのあっせん手数料の支払い

不動産等の売買または貸し付けのあっせん手数料の支払調書

税務署

問い合わせ

  • 芝税務署管理運営第1部門
    電話:03-3455-0551
  • 麻布税務署管理運営第1部門
    電話:03-3403-0591
  • 税務課課税係
    電話:03-3578-2600から2609

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036