• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2017年1月6日

港区ゆかりの文人たち(2)「志賀直哉」

住居跡「六本木4丁目3番13号」青山霊園1-イ2-11

「私が自分に祖父のある事を知ったのは、私の母が産後の病気で死に、その後二月程経って、不意に祖父が私の前に現れて来た、その時であった。私の六つの時であった」。この簡潔にして明瞭な、情報を的確に盛り込んだ名文は、志賀直哉の長編小説「暗夜行路」の冒頭です。母と祖父の不義の結果、生を受けた「私」の苦悩を描く、近代小説の金字塔である本作のこの出だしは、「日本語の名手」という評判をほしいままにした志賀の、実力を語って余りある文章です。

その志賀は麻布三河台町、現六本木4丁目で14歳から29歳までの時を過ごしました。裕福な家に生まれた志賀はこの地で1,682坪の広大な邸宅に住み、当時高価だった自転車を乗り回して、赤坂の三分坂や虎ノ門の江戸見坂まで出向いていました。

若き日の志賀は文学にのめり込み、実業家の父に疎まれるようになっていきます。志賀家では祖父も財界人で、しかも足尾銅山開発に関わった人物でした。当時の社会問題であった鉱毒事件に対して志賀家内では、若い志賀の正義感と父の立場が衝突することもあったようです。

やがて志賀は麻布三河台の屋敷を飛び出し、父への反発を昇華させた「暗夜行路」を著すこととなります。

後に作家として大成し、父とも和解した志賀は、今、一族の墓所がある青山霊園に眠っています。

志賀直哉居住の跡の碑

志賀直哉居住の跡の碑

青山霊園内にある志賀直哉の墓石

青山霊園内にある志賀直哉の墓石
  • この情報は、平成26年(2014年)6月21日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

お問い合わせ

企画経営部区長室広報係

03-3578-2036

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034