• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 心身障害者医療費助成制度(都の制度)(マル障受給者証)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

心身障害者医療費助成制度(都の制度)(マル障受給者証)

東京都では障害のある人で所得が一定の基準以下の人を対象に医療費の助成を行っています。対象者には受給者証が交付されます。医療機関にかかるときは、健康保険証と一緒に提示してください。

対象(次の1から4のすべての要件を満たす人)

  1. 港区内に住所を有している人。または、東京都の規則で定める施設に入所している人。
  2. 65歳未満で身体障害者手帳1級、2級の人および3級の内部障害の人。または愛の手帳1度、2度の人。
  3. 健康保険に加入している人。
  4. 前年の本人(20未満の人は世帯主等)所得が東京都で定める基準以下の人。

なお、平成12年9月1日の制度改正により、65歳以上の人につきましては、平成12年8月31日以前に受給者証をすでに持っていて、住民税が非課税の人が心身障害者医療費助成制度の対象となっています。住民税が課税されている人は、後期高齢者医療被保険者証で医療を受けることとなります。

一部負担金

  • 住民税が課税されている人(受給者証に一部・食と書いてある人)
    医療費の1割を負担します。医療機関毎に負担上限額まで支払います。ただし、差額ベッド代など健康保険適用外のものは自己負担となります。
  • 住民税非課税の人(受給者証に食のみ書いてある人)
    入院時の食事代(標準負担額)のみ負担します。
    ※住民税非課税世帯の人は申請し、認定を受けると食事代が減額されます。加入している各健康保険にお問い合わせください。

対象者

外来のみ
の限度額

入院および
世帯ごとの限度額

医療機関での窓口
支払い(外来・入院)

住民税が課税されている人
(受給者証に「一部・食」と書いてある)

1か月
12,000円

1か月
44,400円

1割負担

住民税が非課税の人
(受給者証に「食」のみ書いてある)

無料

無料

無料
(入院時の食事代
のみ負担)

申請窓口

各総合支所区民課窓口サービス係
台場分室

受付時間

8時30分~17時00分

休日

土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

必要なもの

  • 障害者手帳または愛の手帳
  • 健康保険証
  • 印かん
  • 所得が確認できない人は所得証明書

マル障受給者証を取り扱わない医療機関で受診したとき

健康保険の自己負担分をいったん支払い、後日、各総合支所区民課に申請してください。一部負担金を差し引いた額が償還されます。

必要書類

  1. 領収書(保険点数等の記載されているもの。レシートは不可)
  2. マル障受給者証
  3. 健康保険証
  4. マル障受給者の振込先口座番号
  5. 印かん

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課給付係

電話番号:03-3578-2111(内線:2640~2642)