• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 防災・生活安全 > 生活安全 > 被害に合わないために > 震災に便乗した悪質商法に要注意

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

震災に便乗した悪質商法に要注意

警察からの情報によれば、震災に便乗して、親類や実在する団体の名を騙り、被災者支援の義援金等と称して、特定の口座に振り込ませようとする詐欺容疑事案が発生しているとのことです。義援金などを求める電話等があった場合には、直ちに振り込んだりすることなく、相手方をよく確認し、詐欺の被害に遭わないように注意してください。不審な電話等があった場合にはお近くの警察署へ通報、相談してください。

悪質商法の手口

事例1:岩手にいる親類を装い「おばあちゃん、地震で私の被害は大丈夫だったけど、他の親類の被害がひどい。皆で義援金を送ることになったから100万円を用意して」と電話してくる。

事例2:実在する団体を騙って「災害支援基金への寄付をお願いします」等という文面のファックスを送信し、当該団体が設けた募金振込口座とは異なる個人名の口座に振り込ませようとする。

事例3:震災により、自宅損壊の被害があった(ガラス窓が割れた等)という情報を得た業者が建設業者を騙り、「このままだと屋根が崩落します」「自宅の修繕が必要です」等と不安をあおり、不要な工事の契約を取り付ける。

事例4:「乾電池」「ガソリン」「懐中電灯」等、多くの人が必要としている物品等を「間もなく無くなる(買えなくなる)」等と不安をあおり、高額で売りつける。

震災に便乗した悪質商法に注意【チラシ】

被害にあわないために

  • ATMの操作を求める電話や手紙は「詐欺」と考え、相手に連絡はせず、すぐに最寄りの警察署に相談するか110番に通報してください。
  • 区役所など公的機関が義援金等の振込を求める電話や訪問をすることはありません。
  • 「あわてない」「すぐにお金を振り込まない」「事実を確かめる」ようにしましょう。
  • 息子や孫など親族と声が似ていても、不審だと思ったら、必ず警察や家族に相談しましょう。

相談窓口

最寄りの警察署

  • 愛宕警察署 電話:03-3437-0110
  • 三田警察署 電話:03-3454-0110
  • 高輪警察署 電話:03-3440-0110
  • 麻布警察署 電話:03-3479-0110
  • 赤坂警察署 電話:03-3475-0110
  • 東京湾岸警察署 電話:03-3570-0110

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課生活安全推進担当

電話番号:03-3578-2111(内線:2270から2)