• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 平成29年度「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」の開講式・第1回講座を開催しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年6月8日

平成29年度「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」の開講式・第1回講座を開催しました

平成29年6月3日(土曜)に、平成29年度「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」を開講しました。

「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」とは、東京海洋大学及び芝浦工業大学と連携しながら、水辺等の地域資源が豊富なまちである芝浦港南地区に関する講座やワークショップ等を実施し、地域の魅力を自ら発信できる人材を育成していく事業です。

今年度は、新たに22名の受講生を迎えてスタートしました。

一年間を通じて、全10回の講座を受講していただき、講座修了者を「知生き人(ちいきじん))」として認定します。各講座には、東京海洋大学の河野教授及び佐々木准教授、芝浦工業大学の前田教授及び桑田教授などを講師として迎え、講座やワークショップを行います。

プロジェクトを通じて、地域の方々、大学、行政が一体となり、芝浦港南地区のあらゆる魅力を港区内外の方々や海外からお越しの方々に広く発信していくとともに、芝浦港南地区を快適で温かみのある運河と海辺の未来都市として、築いていくことを目指していきます。

 

学ぶ地域を知る発見する地域を体験する想う地域を考える繋ぐ地域を支えるちいき人へ

 

平成29年度講座一覧

日時 タイトル 内容 講師(敬称略)
1 6月3日(土曜日)
午前9時~正午
芝浦のまちを知ろう!
(まち歩き)
まちを巡り、魅力的だと思う場所の写真を撮ります。 桑田 仁
(芝浦工業大学)
2 6月24日(土曜日)
午前10時~正午
まち歩きで感じた地域の魅力を伝えよう まち歩きで撮った写真を使い、それぞれの視点・角度からまちの魅力を発表します。 前田 英寿
(芝浦工業大学)
3 7月22日(土曜日)
午後2時~午後4時
顕微鏡でお魚を観察しよう 顕微鏡を使った実験により水辺の生き物の生態を学びます。 河野 博
(東京海洋大学)
4 8月26日(土曜日)
午後4時~午後6時
カニ護岸で生き物観察 運河沿い(カニ護岸)での生物採取や水質調査を行い、水辺の現状を認識します。 佐々木 剛
(東京海洋大学)
5 10月28日(土曜日)
午前10時~正午
芝浦港南の歴史を学び、海からまちを眺めよう 明治時代までの芝浦港南地区の成り立ちについて学びます。 前田 英寿
(芝浦工業大学)
6 10月28日(土曜日)
午後1時~午後4時
埋立後のまちの移り変りやこれからの芝浦港南地区について学びます。 桑田 仁
(芝浦工業大学)
7 11月18日(土曜日)
午前10時~正午
水辺をきれいにしよう
(鉄炭団子の水質浄化実験)
水辺に寄りそう人々のくらしや文化について学びます。 佐々木 剛
(東京海洋大学)
8 12月9日(土曜日)
午後2時~午後4時
東京湾に生息するお魚のお話 東京湾に生息する魚介類の変遷について学びます。 河野 博
(東京海洋大学)
9 7月9日(日曜日)
午後1時~午後4時
話し合いを充実させるコツ~ファシリテーション講座~ ファシリテーションの実践者から企画運営などのノウハウを学びます。 杉村 郁雄
(NPO法人日本ファシリテーション協会)
10 2月頃予定
午後1時~午後4時
地域の魅力を伝える、かわら版をつくろう! メディア関係者などから情報の魅力的な伝え方を学びます。 メディア関係者

 

開講式の様子

平成29年6月3日(土曜)午前9時から、開講式を行いました。
開講式においては、教授からの挨拶や、プロジェクトの説明などを行い、全10回の講座等に向けてスタートしました。

 

aisatu 

第1回講座を担当する桑田教授よりご挨拶

syuugousyasinn

平成29年度受講生のみなさん

第1回講座の様子

第1回講座では、芝浦地域におけるまちの魅力を再発見し、写真と言葉を使ってその魅力を伝えることを目的として、桑田教授の案内により、芝浦地域の「水辺」、「まち」、「文化」に関するスポットを巡りました。

みなとパークを出発し、江戸時代、魚の水揚場だった「雑魚場」、都内に唯一現存する木造見番建造物である「旧協働会館」、江戸、明治、大正時代の面影を残す出桁造が印象的な「町家」、かつては都電専用の橋として使用されていた「船路橋」、運河がかつて水上輸送の拠点として利用されていたことを示す「運河沿いのホイストクレーン」、モノレールの橋脚が先に作られたことにより特徴的な姿をしている「渚橋」、スクラッチタイルが使用されている「芝浦工業大学芝浦キャンパス」などの様々なまちの魅力に触れながら、芝浦地域を歩いて巡りました。

受講者は、芝浦地域の現在ある姿だけでなく、かつての姿を想起することで。普段感じることができない地域の魅力を発見・認識することができました。

第2回講座では、今回のまち歩きで受講生がそれぞれ感じた芝浦地域の魅力について、撮影した写真等を使用し発表します。

まち歩きの様子

 

知生き人 1 1

知生き人 1 2

知生き人 1 3

知生き人 1 4

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-6400-0013

ファックス番号:03-5445-4590