• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > お台場海苔づくりを実施しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月23日

お台場海苔づくりを実施しました

お台場の冬の風物詩

お台場海苔づくりは、港区立小中一貫教育校お台場学園の環境学習である「海苔の育成」を通じて、地域の子ども達の健やかで豊かな成長に寄与するとともに、地域への愛着や親近感の醸成、コミュニティの形成を図るため、平成17年度から実施し、今年で13年目を迎えます。

このお台場海苔づくりは、お台場の冬の風物詩として定着しており、専門家の方々の力を借りながら、海苔づくりに挑戦します。

また、総合的な学習の時間として、お台場学園5年生も参加します。

H291216_ひびを望む

お台場海苔づくりの見学風景

H291216_後姿

海へ入るためドライスーツ※を着ます。

※海に入っても水が浸水しない特殊な服

ひびたてや種網張りを実施しました

お台場学園で海苔づくりの開会式を行った後、お台場学園の5年生の力を借りて、海苔づくりに不可欠なひびを砂浜へと運びました。

ひびとは海苔の生息する網を支える竹の棒であり、手作業で海中に一本ずつ設置していきます。

この作業は、お台場海苔づくり実行委員会や、お台場学園5年生の保護者を中心としたメンバーで行いました。

児童たちは、その作業を見学し、海苔づくりに興味津々のようでした。

H291216_ひび運び2

お台場学園の児童がひびを運びました。

H291216_ひびたて

お台場海苔づくり実行委員及び保護者がひびをたてました。

ひびたて終了後は、海苔のすみかとなる種網をはりました。

種網は日々変動する潮位によって高さを変えなければいけないため、定期的に網を張る位置のメンテナンスを行います。

海苔はお台場の方々によって大切に育てられています。

また、ひびたて・種網はりの作業後、お台場学園の児童に感想を書いてもらいました。

「楽しかった」や「海苔について色々学べた」などの意見のほか、「早くのりを食べたい」や「将来的に海苔づくりに携わりたい」など多くの感想が出ました。

H291216_種網はり

海苔のすみかとなる種網をはりました。

H291226_トリミング後

お台場学園児童の感想

今後のお台場海苔づくりの予定

次回以降の予定は下記の通りです。

  • 平成30年1月20日(土曜)午前8時35分~10時30分(受付:8時15分~)
  • 平成30年2月3日(土曜)午前9時~午後3時(受付:8時45分)

 

また、平成29年11月に行われた海苔づくり実行委員会と、ひびたてや種網張りの様子を、それぞれ瓦版1号、2号にまとめましたので、ぜひご覧ください。

お台場海苔づくり瓦版第1号(PDF:373KB)

お台場海苔づくり瓦版第2号(PDF:558KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課台場担当

電話番号:03-5500-2365

ファックス番号:03-5500-2366