• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 芝浦港南地区総合支所 > お台場海水浴を開催しました

ここから本文です。

更新日:2017年8月9日

お台場海水浴を開催しました

「泳げる海、お台場!」を目指すアピール活動として、通常は遊泳禁止となっている都立お台場海浜公園内で、範囲を限定し、安全面等に配慮しながら7月29日(土曜)・30日(日曜)の2日間、海水浴体験を実施しました。

今年も、港区青少年対策お台場地区委員会、お台場学園PTAをはじめ、台場児童館、お台場海水浴実行委員、東京湾の環境をよくするために行動する会、都心の干潟再生プロジェクト、全日本潜水連盟など、多くの方々のご協力をいただきました。

また、同じ「台場」を持つ自治体として「名探偵コナンに会える町」鳥取県の北栄町との連携イベントを実施し、鳥取県の特産品の販売も行いました。

北栄町

鳥取県・北栄町ブース

さざえ3

北栄町によるサザエの殻積み大会

開会式

初日の開会式では、東京都港湾局並びに一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会から後援いただくとともに、屋形船東京都協同組合、都漁連内湾釣漁協議会、港区トライアスロン連合、公益財団法人日本水泳連盟、エフカイビーチをはじめ、多くの方々にご出席いただきました。

また、台場児童館の子ども達と職員が催し物を披露しました。

その後、子ども達と区長や関係者たちが一緒にくす玉を割り、お台場海水浴はスタートしました。

区長あいさつ

区長からご挨拶をいただきました。

 

開会の踊り

開会式での催し物(バルーン)

 

薬玉

台場児童館の子ども達による開会宣言

ラーメン体操

準備体操(ラーメン体操)

海水浴の様子

当日は、きれいな快晴とはいかなかったですが、約530名の参加者等でにぎわいました。

特に子どもがとても多く、顔をつけないという約束を守りつつも、泳いだりボートに乗ったりとみんな思い思いに遊んでいました。

また、江東区から自転車で来た中高生や外国人などの姿も見られ、様々な人がお台場の海を楽しんでいました。

海水浴風景

1日目の海水浴風景

海水浴風景1

2日目の海水浴風景

イベントについて

アサリによる環境学習

初日はアサリによる環境学習を開催し、子ども達にクラムマットの説明をしました。

クラムマットとは、アサリの稚貝が着床しやすい軽石などが封入された袋状のものであり、アサリのすみかとなります。

このクラムマットを子ども達の力を借りながら作成しました。

作成したクラムマットはお台場の干潟に設置し、新しいアサリのすみかとなります。

クラムマット説明

クラムマットの説明

クラムマット作成

実際にクラムマットを作りました。

地引網体験

2日目は地引網を行いました。

今年はあまり多くの魚は取れなかったものの、参加者はお台場の海で実際に網を引く貴重な体験をしました。

地引網2

みんなで網を引きました!

地引網1

何がとれたかな?

「泳げる海、お台場」を東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシーとして

参加者の皆様からは、「楽しかった」、「また泳ぎたい」、「いつも泳げるようにしてほしい」といった前向きな意見が多く出ました。

今後も東京都はじめ多くの関係機関との連携、情報共有を図りながら地域のみなさん、関係者のみなさんと一丸となって「泳げる海、お台場」の実現に向けて取り組んでいきます。

感想

「楽しかった」と「泳げる海を希望します」との答えがほとんどでした。

感想マーカー書き1

「海大好き!楽しかったです」、「いつか泳げる海にしてほしい」、「フードコードがあれば良かった」等、多くの感想をいただきました。

 

かんばん

お台場の海を満喫しました!

 

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課台場担当

電話番号:03-5500-2365

ファックス番号:03-5500-2366