• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > クラムマットをお台場の海に設置しました。

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年11月1日

クラムマットをお台場の海に設置しました。

平成28年9月10日(土曜)クラムマットをお台場の海に設置しました。

アサリは水質浄化能力が高いと言われ、また、お台場内にも生息していることが確認されています。

この事業は、クラムマット(※)を、お台場海浜公園の干潟に設置し、アサリ稚貝の着生促進効果及び水質等の変化を確認することにより、アサリの生態や海辺の環境保全に対する理解を深めることを目的としています。

平成28年9月10日(土曜)東京ベイ・クリーンアップ大作戦と同時にクラムマットの設置と学習会を開催しました。参加者は、アサリの生態や水質浄化能力等を学習したうえで、100平方メートル分のクラムマットを作製しました。その後、ダイバーさんが、お台場海浜公園内の干潟にクラムマットを設置する作業を見学しました。

(※)クラムマット・・・アサリ稚貝の着生に適したセラミックペレットを封入した袋網

asari3

セラミックペレットを網に入れていきました。

asri4

自分が入れたセラミックペレットの網に、名札を取り付けました。

 

asari2

できあがったクラムマットを前に、みんなで記念撮影しました。

asari3

ダイバーの皆様、ご協力ありがとうございました。

平成28年10月14日(金曜)お台場学園7年生によるクラムマットのモニタリング調査が行われました。

なんと、早くも1,000個体/平方メートルを超すアサリが着生していました!

クラムマットを設置した9月10日からまだ1ヶ月あまりしか経過していないにも拘わらず、4箇所から回収したクラムペレットの間からは400~1,100個体/平方メートルのアサリを確認することができました。

アサリは、私達が想像しているよりも活発に良い環境を求めて移動していることが最近の調査研究で明らかになってきました。お台場海浜公園のアサリもクラムマットの快適性に引き寄せられてきたのかもしれません。

chakushou2

 

 

回収したクラムペレットと二枚貝

 

アサリの着生を促進するようにデザインされた直径

15mmのクラムペレットを回収すると、その間にたくさん

のアサリと二枚貝がみつかりました。

chakushou1

 

 

選別した二枚貝

 

7年生が選別したアサリをはじめとする二枚貝。

中には2cm近いアサリもみられました。

 

 

10月はアサリの産卵期です。

 

これからさらに多くのアサリの着生が期待されます。

今後も、アサリの生育状況や、水質等の変化のモニタリングを随時行い、皆様にご報告させていただきます。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課台場担当

電話番号:03-5500-2365

ファックス番号:03-5500-2366