• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > お台場海苔づくりを実施しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年2月15日

お台場海苔づくりを実施しました

お台場の冬の風物詩

お台場海苔づくりは、港区立小中一貫教育校お台場学園港陽小学校(以下「お台場学園」という。)の5年生の総合的な学習の時間である「海苔の育成」を通じて、地域の子ども達の健やかで豊かな成長に寄与するとともに、地域への愛着や親近感の醸成、コミュニティの形成を図るため、平成17年度から実施し、今年で14年目を迎えます。

このお台場海苔づくりは、地域住民及び専門家の方々の力を借りながら、毎年取り組んでいます。

最終摘取りを実施しました

平成31年2月2日(土曜)に、お台場学園の児童は、海苔の最終摘取り、海苔すき、海苔干しを体験しました。

海苔網から海苔を摘み取り、その海苔を保護者が包丁で細かくし、型を用いてノリス(※)の上に海苔を流し込んだ後、その海苔を脱水し、天日干ししました。

最初は四苦八苦しながら板海苔の作成作業を行っていた児童たちも、時間とともに慣れ、およそ750枚の板海苔が完成しました。

(※)ノリスとは、細かくした海苔を乗せ乾かす「簀(す)」のことです。

H310202_海苔網回収

海苔網の回収

H310202_海苔つみ

お台場学園の児童たちが海苔を摘み取りました。

H310202_ノリス乗せ

型を用いて、海苔をノリスの上に乗せました。

H310202_脱水

干す前にしっかりと脱水しました。

H310202_海苔干し

板海苔の天日干し

 

海苔の佃煮を作りました

板海苔つくり完了後、海苔の佃煮作り教室を開催しました。

鍋に生海苔と醤油、みりん、酒などの調味料を入れ、とろみがつくまで煮込みます。

多くの親子が参加し、いたるところでおいしそうな匂いが立ち込めました。

お台場の海苔は、栄養豊富で豊かな海で育ったこともあり、とてもやわらかく舌触りの良いおいしい佃煮が完成しました。

H310202_佃煮

佃煮作りの風景

 

昔ながらの竹ひびにも海苔がつきました

例年、千葉の木更津の海で種付けした海苔網をお台場の海に設置して、海苔の育成を行ってきました。

平成30年度は新たな取組として、お台場の海に自生していると考えられる海苔を採取することを目的に、実験的に昔ながらの竹ひびを設置しました。

その結果、無事に海苔が採取できましたが、設置場所が海苔網付近であったことから、海苔網上で育った海苔から出た胞子が付着した可能性も考えられます。

しかし、お台場の海に竹ひびを設置すると海苔が付着できることが設置実験からわかりましたので、平成31年度以降は、お台場に自生している海苔が竹ひびに付着できるよう時期や方法を模索していきます。

H310202_竹ひび

竹ひびにも海苔がつきました。

 

お台場海苔づくりかわら版

また、上記の海苔の最終摘取りの様子を、新しくお台場海苔づくり瓦版第4号としてまとめました。

かわら版第1号から第3号とともにご覧ください。


お台場海苔づくりかわら版第1号(PDF:350KB)

お台場海苔づくりかわら版第2号(PDF:450KB)

お台場海苔づくりかわら版第3号(PDF:524KB)

お台場海苔づくりかわら版第4号(PDF:435KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課台場担当

電話番号:03-5500-2365

ファックス番号:03-5500-2366