• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > お台場で福島県柳津町の子ども達と交流しました(平成29年度)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年2月24日

お台場で福島県柳津町の子ども達と交流しました(平成29年度)

柳津町が、お台場15周年花火大会の花火師を、復興交流の花火大会に招いたことがきっかけとなり、福島県柳津町と台場地域の交流が始まりました。

今年も、柳津町の子ども達にお台場の魅力を伝え、楽しんでもらえるような内容を、青少年対策お台場地区委員会やお台場学園PTAが中心となって考えました。

その交流の様子をお知らせします。

1日目(平成30年2月17日(土曜))

正午過ぎに台場区民センターに到着した柳津の子どもたちは、最初にお台場海浜公園を散策しました。

散策後、台場区民センターでお台場の子ども達と合流し、2つの班に分かれて行動しました。

1つの班は、(株)フジテレビジョンの社内見学後、水陸両用バスによる観光を行い、もう一つの班は、水陸両用バスによる観光後、(株)フジテレビジョンの社内を見学しました。

(株)フジテレビジョンの社内見学では、普段見ることができないスタジオや設備を見学でき、とても貴重な体験をしました。

また、球体展望室の「はちたま」にも入場させていただき、高い場所から見下ろすお台場の風景に一同感動していました。

お台場のまちを歩いて移動しました。

お台場自由の女神の前で記念撮影

(株)フジテレビジョンのセットを見学しました。

展望室から台場が一望できました。

水陸両用バス「スカイダック」に乗車し、台場周辺のまちを陸と海から観光しました。

陸上から海へと入水する際は、大きな水しぶきを上げて豪快に海へと入っていき、子どもだけでなく大人も興奮していました。

水陸両用バスに乗車

入水時には、水しぶきがあがり興奮していました。

 

お台場を「海」から観光しました。

水陸両用バスを思う存分楽しみました。

(株)フジテレビジョンの社内見学や、水陸両用バスによる観光後、デックス東京ビーチの会場で、懇親会を開催しました。

1日目の最後は、再び台場区民センターに集合し、柳津の子どもとお台場の子どもとでお別れ式を行い、柳津町の子どもたちから台場の子どもたちに記念品が渡されました。

懇親会の風景

お別れ会の様子

2日目(平成30年2月18日(日曜))

2日目の午前中は、台場の子どもたちおすすめの(株)ラウンドワンで、楽しい時間を過ごしました。

その後、ダイバーシティ東京プラザでお土産を買ったりと、各自の時間を楽しみました。

屋内でバッティングをする子どもたち

屋内で体を動かしました。

最後は再び台場区民センターに集合し、お別れ会とともに記念撮影を行いました。

柳津の子どもたちのとても名残惜しそうな顔が印象的でした。

そして、またお台場に来たいとの声が多く聞かれました。

お別れのあいさつ

ぜひまたお台場に遊びに来てください。

福島県柳津町とは

会津地方の西部に位置し、会津若松市から西に約25キロメートル地点に位置します。

面積は、176.07平方キロメートルあり、港区の約8倍の広さがあります。

門前町として栄え、稚児行列など伝統行事が古くから行われています。

また、会津地方で有名な「赤べこ」の発祥の地といわれています。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課台場担当

電話番号:03-5500-2365

ファックス番号:03-5500-2366