• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 港南防災ネットワークが防災まち歩きを行いました。

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

港南防災ネットワークが防災まち歩きを行いました。

平成28年3月26日(土曜日)に、港南防災ネットワークが、災害時に備えて、地域にある防災施設に関する知識等を学ぶことを目的として、港南地域の防災まち歩きを行いました。

まち歩きでは、区が用意する生活必需品の備蓄をしている「コスモポリス品川の備蓄倉庫」、防災用応急給水装置がある「港南公園(D)面の非常用受水槽」、消防団の防災資機材置場がある「港南緑水公園」、災害時特設公衆電話があり、区民避難所となる「港南中学校」等を巡りました。

まち歩きには、45人もの方が参加しました。

コスモポリス品川では、備蓄倉庫への経路や倉庫内の備蓄物資等について、コスモポリス品川防災会の皆さんから説明を受けることができました。

港南緑水公園では、高輪消防団第4分団の協力により、消防団資機材を見学するとともに、包帯法取扱の指導を受けることができました。

参加者は、普段生活している港南地域において、災害時にどのような危険箇所があるか、災害時に活かせる設備がどのように備わっているか等を、防災的な視点からまちを改めて巡ることにより、いざというときのために、地域の防災施設に関する知識等を学ぶことができました。

防災まち歩きの様子

1

災害時帰宅支援ステーションとなるコンビニ 

2

避難所の備蓄品がある「コスモポリス品川の備蓄倉庫」

4

災害時の生活用水として活用できる「港南公園の防災用応急給水装置」

5

震度五弱以上の地震が発表された場合に閉鎖される「天王洲水門」

6

高輪消防団第4分団による消防団資機材取扱の実演

7

高輪消防団第4分団による包帯法取扱の指導

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-6400-0031