• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 中央防波堤埋立処分場見学会に参加しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月6日

中央防波堤埋立処分場見学会に参加しました

平成30年2月22日(木曜日)に、芝浦港南地区安全・美化協議会で東京都環境局が実施する「中央防波堤埋立処分場見学会」に参加しました。
町会・自治会や老人クラブ、関係機関、企業から43名もの多くの方にご参加いただきました。

見学会の様子

環境局中防合同庁舎で職員の方にご説明いただいた後、埋立処分場の歴史や東京のごみ処理の流れなどのDVD鑑賞をしました。

 

その後、説明員にバスに同乗していただき廃棄物処理施設や埋立処分場の見学を行いました。

バスから廃棄物処理施設を見学している様子です。埋め立てるゴミの量を少しでも減らす工夫が多くありました。

ご説明いただきながら、埋立処分場に向かいました。

不燃ごみの埋立作業を見学することができました。
ある程度埋め立てたあと、土をかぶせることで、匂いやゴミが風で飛ばされることを防ぐことができるそうです。

 

埋立処分場内で見学者が車両を下りて見学することができる「みはらし広場」という場所あります。
見学会当日は小雨や時にはみぞれも混じる寒い中でしたが、参加者全員がバスから降りて見学をしていました。

 

このままのペースでゴミが排出され続けると、埋立地はあと50年でいっぱいになってしまい、捨てる場所がなくなってしまうそうです。
少しでも長く埋立処分場を使い続けるためには、私達一人ひとりが「3R(リデゥース・リユース・リサイクル)」を実践することや、スーパーなどで割引シールが付いたものを買うことも食品の廃棄処分を減らすことができる身近な取り組みとのことです。
今回の見学会に参加し、環境問題についてより一層理解を深める機会となりました。

参加団体等(順不同・敬称略)

町会・自治会等

芝浦3・4丁目町会、三田ナショナルコート自治会、芝浦アイランド自治会、五色会、港南ひふみ会、平成クラブ、
港友会、芝浦3・4丁目OB会、クリーンクラブ台場、アドプト芝浦アイランド、台場防犯隊、港南防災ネットワーク

事業者

沖電気工業株式会社、味の素トレーディング株式会社、株式会社グランドニッコー東京、
富士通エフ・アイ・ピー、TDK株式会社、(株)フジテレビ、太平洋セメント株式会社、
NREG東芝不動産ファシリティーズ(株)、シーバンス中央管理事務所

関係団体等

東京都下水道局中部下水道事務所 芝浦水再生センター

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-6400-0031

ファックス番号:03-5445-4590