• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 平成29年度「秋田県にかほ市夏休み自然体験教室」を実施しました。

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年8月22日

平成29年度「秋田県にかほ市夏休み自然体験教室」を実施しました。

平成29年8月16日(水曜日)から18日(金曜日)にかけて、今年で8回目となる「秋田県にかほ市夏休み自然体験教室」を実施しました。

今年も芝浦港南地区に住む小学校4年生から6年生までの15名の児童参加し、JR東京駅から元気に出発しました。

秋田県にかほ市での体験の様子

1日目:8月16日(水曜日)

白瀬南極探検隊記念館

新幹線に乗ること約4時間、JR秋田駅に到着。最初に向かったのは、『白瀬南極探検隊記念館』です。

記念館では実際に南極で使用された雪上車を見たり、白瀬矗の偉業を学んだりするほか、南極の氷に触れる体験等をし、子どもたちも初めて知ることや学ぶことに興味津々の様子でした。また、同地に隣接する南極公園において、自由行動の時間を取り、元気いっぱいに体を動かしていました。 

白瀬記念館1

南極での生活品の展示を見学

白瀬記念館2

南極に飛来する隕石についての説明

白瀬記念館3

白瀬矗についての勉強

白瀬南極探検太い

南極公園で記念撮影

元滝伏流水

白瀬南極探検隊記念館を見学した後は、元滝伏流水の見学をしました。

斜面に張り付いたコケの深い緑をはじめとしたみどり豊かな風景を見ながら山道を歩くこと10分、目の前に元滝伏流水が現れました。

滝に見えるその姿、実は鳥海山からの雪解け水が伏流水として流れ出ているもので、その雄大で神秘的な風景とマイナスイオンの爽快さに子供たちは癒されている様子でした。

滝

元滝伏流水の前でパシャリ

元滝伏流水2

元滝伏流水の全景

対面式・オリエンテーション

元滝伏流水を見学した後、ホームステイ先のある横岡地区へ向かい、横岡自治会館でホストファミリーのみなさんとの対面式を行ないました。

対面式

グリーン・ツーリズム推進協議会会長 挨拶

対面式2

児童の挨拶。楽しみにしていることを伝えました

対面式の後、子供たちは、各ホストファミリーの自宅へ向かい、一日目を終えました。

2日目:8月17日(木曜日) 

農作業体験

2日目は農作業体験からスタート。

全員でダイコンの種蒔きをした後、それぞれのホームステイ先の畑で、ナス、キュウリ、トマト、ジャガイモ、枝豆、カボチャ等、いろいろな野菜を収穫しました。
普段めったに行うことのない体験に、子どもたちも張り切っていました。

 

 

大根2

大きく育つように丁寧に種まき

 

大根収穫4442

育った大根は11月ごろに東京に届きます

 

野菜収穫体験1

大きななすを収穫

 

野菜収穫2

初めての体験に気合が入ります

そば打ち体験

農作業体験の後、地域のそば打ち名人の指導でそば打ち体験をしました。

そば打ち体験1

地元のそば名人からそば打ちのコツを伝授

そば体験22

どの班も美味しそうなそばを打てました

昼食

農作業体験とそば打ち体験と午前中からアクティブに過ごし、おなかをすかした中の昼食の献立は、農作業体験で収穫した野菜の天ぷらと自分たちで打ったそばです。

自分たちの手で採った・作った食材での食事に、子どもたちが特別な思いで食べている様子を見れました。自給自足で食事をすることはとてもいい経験となったことでしょう。

そばと天ぷら

子どもたちが収穫した野菜天ぷらと手打ちそば

昼食201708

作ったそばと天ぷらで昼食

自然観察

楽しい昼食時間を過ごした後は、自然観察として獅子ヶ鼻湿原の散策に出かけました。

厳しい自然の中を生き抜いたブナの巨木が群生し、また独特の生態系を持つ湿原を肌で感じながら、この森の象徴的な存在の樹齢300年・幹回り7.62mもあるブナの王様、「あがりこ大王」を見に行きました。

また、鳥海三からの雪解け水等が集まり、まさに湿原という様子を描く森林も見学しました。

あがりこ大王1

あがりこ大王全景

あがりこ大王2

あがりこ大王の前で記念撮影

 

伏流水1

川と見間違えるような水流

 

伏流水2

ジャングルのような神秘的な光景

BBQ体験・花火体験

湿原散策から横岡自治会館に戻り、横岡地区の子供たちとバーベキューで夕食をとり、皆で花火を楽しみました。横岡の子どもたちともすっかり仲良しになりました。 

バーベキュー作成

にかほ市の職員さんとパシャリ

おいしくめしあがりましa 

採った枝豆を焼いた「焼き枝豆」が大人気でした

花火体験1

手持ち花火で盛り上がりました

花火体験2

みんなで楽しく分けあいました

3日目(最終日):8月18日(金曜日)

お別れ会

まずは、横岡自治会館において、3日間お世話になったホストファミリーさんとのお別れ会です。

子どもたちから感謝の言葉を伝えた後、皆さんで記念撮影をしました。

児童から1

児童からホストファミリーへお礼のあいさつ

記念撮影11111

毎年恒例!横岡自治会館での記念撮影

道の駅象潟「ねむの丘」・フェライト子ども科学館

東に鳥海山や象潟地域、西に雄大な日本海を望める道の駅象潟「ねむの丘」において、子供たちはお土産等を購入しました。

その後、磁性素材「フェライト」をモチーフに磁石の不思議な体験ができるフェライト科学館に行き、様々な体験をしました。

磁石作成体験

磁石作成体験

磁石の仕組み

フェライトを利用したゲームに熱中

 

 

にかほ市の雄大な自然を感じ、自分の手作物を育て料理を作り食べ物のありがたみを感じ、ホストファミリーさんの温かみを感じた3日間でした。

 

五感をたくさん活用し、3日間を楽しんだ児童たち。かけがえのない夏の思い出になったことでしょう。

 

自然

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-6400-0031

ファックス番号:03-5445-4590