• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 芝浦公園で育てたジャガイモを収穫しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月26日

芝浦公園で育てたジャガイモを収穫しました

12月8日(金曜日)に、芝浦公園で育てたジャガイモを収穫しました。

この事業は、「みどりのあるまちづくり事業」の一環として、平成30年度に拡張を計画している芝浦田んぼの整備予定地において、試験的にジャガイモを植え、育てたものです。

今回収穫したジャガイモは、9月6日(水曜日)に種を植え、約3か月の生育期間を経たものです。

当日は、曇り空のなか、しばうら保育園の園児の皆さんにもお手伝いをしてもらいながら、ジャガイモ堀りを行ないました。

収穫したジャガイモは、大小様々で、カタチの良いものが多く、園児の皆さんにも初めての経験を楽しみながら、参加してもらうことができました。

ジャガイモについて

今回育てたジャガイモの種類は、「デジマ」で、主に江戸時代に外国との貿易で栄えた長崎の「出島」にちなんで命名されたものです。

目が浅く、皮が淡黄色で滑らかな外観と食味の良さが特徴です。

また、各種の病害に対しても多くの抵抗性を持っており、暖かい地域の二期作の食用として、関西より西の地域を中心に栽培されています。

デジマは皮が軟らかく、皮ごと調理してもおいしく食べることができ、春作のものに比べると、秋作では少し粉っぽい食味になる性質も持っています。

収穫の様子

20171208-1 20171208-6
20171208-2 20171208-3
20171208-5 20171208-9
20171208-7 20171208-8

みどりのあるまちづくり事業とは?

港区内の他地区と比較し、芝浦港南地区の緑被率が低い現状を踏まえ、区民や事業者と協力し、みどりの保全と創出に向け、地域特性に応じた緑化を推進していく事業です。

田んぼでの体験事業などにより、自然環境学習等をとおして自然を大切にする心を育むための普及・啓発を行なっています。

今年度の取組

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所まちづくり課まちづくり係

電話番号:03-6400-0017(内線:3853)

ファックス番号:03-5445-4590