• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 暮らし・手続き > 届出・証明・住民の手続き > 外国人に関する登録の制度が変わりました

ここから本文です。

更新日:2012年7月9日

外国人に関する登録の制度が変わりました

平成21年(2009年)に入国管理法などの外国人に適用される法律が改正され、日本に住む外国人の方の届出の方法や場所などが変わりました。
新しい制度の開始は平成24年(2012年)7月9日です。

外国人の方にも住民票が作成されました

外国人登録法が廃止され、新制度の対象となる外国人の方は、日本人と同様に住民票が作成されます。また外国人と日本人で構成される複数国籍世帯について、世帯全員が記載された住民票の写し等が発行できるようになります。

新制度(住民票作成)の対象となる方

  • 中長期滞在者
    適法な在留資格を有し、在留期間が3ヶ月を超える方です。対象となる方には外国人登録証明書に代わり在留カードが交付されます。在留カードの更新および交付等は、入国管理局での手続きとなります。
  • 特別永住者
  • 一時庇護許可者または仮滞在許可者
  • 出生または国籍喪失による経過滞在者
    日本で生まれたり、日本国籍を失ったことにより日本に滞在することになった外国人の方です。当該事由が発生してから60日に限り、在留資格を有することなく在留することができます。

在留資格が「短期滞在」や在留資格のない方について

新制度の対象者は、適法な在留資格を有し、在留期間が3ヶ月を超える方のみです。

  • 在留資格が「短期滞在」や在留資格のない方は、新制度の対象となりません。
  • 在留資格が「短期滞在」や在留資格のない方は、住民票に登録されないので、住民票の写し等の交付を受けたり印鑑登録をすることができなくなります。印鑑登録をしている場合は、新制度開始と同時に抹消されます。
  • 許可された在留期限を超えて日本に滞在する予定のある方、すでに在留期限を超えて日本に滞在している方は、在留資格や在留期限について入国管理局に相談してください。

在留カード又は特別永住者証明書が交付されます

新しい制度が始まると、従来の外国人登録証明書に代わり、中長期在留者の方には「在留カード」が交付されます。また、特別永住者の方には「特別永住者証明書」が交付されます。
現在お持ちの外国人登録証明書は、新制度後も切替を行うまでの間は「在留カード」及び「特別永住者証明書」とみなすことができます。切替の時期については下記のとおりです。

永住者の方

新制度施行後3年以内に地方入国管理局で手続きを行ってください。施行日に16歳未満の方は、施行日から起算して3年を経過する日、又は16歳の誕生日のいずれか早い日までに切替の手続きが必要です。

特別永住者の方

現在お持ちの外国人登録証明書の確認申請期間の始期が、法施行後3年以内に到来する方は、3年以内に切替の手続きが必要です。それ以外の方はその期日までに切替が必要です。その際に特別永住者証明書に切り替わります。手続きの場所は従来どおり区役所です。

上記以外の方

新制度の施行後の在留期間の更新時、または在留資格の変更時に入国管理局で在留カードが交付されます。施行日に16歳未満の方については、在留期間の満了の日または16歳の誕生日のいずれか早い日までに切替の手続きが必要です。

外国人の登録制度が変わることに関するさらに詳しい情報については、下記のページをご覧ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝地区総合支所区民課窓口サービス係

電話番号:03-3578-3157