• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 芝地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 平成29年度芝・ネイチャー大学校「農作業体験」を実施しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月29日

平成29年度芝・ネイチャー大学校「農作業体験」を実施しました

平成29年4月16日、6月18日、9月10日、11月26日(全日日曜)、芝・ネイチャー大学校「農作業体験」を茨城県稲敷郡阿見町で実施しました。芝地区在住、在学(小・中学生)の親子20組が全4回にわたり、農作業や自然観察を通じて自然についての理解を深めました。

農作業体験の様子

第一回(4月16日)

農作物の苗の植え付け

秋に収穫するネギの苗、サトイモの種イモを植え付けました。

ネギの苗植えサトイモ苗を農家さんから受け取る

春の花咲くあぜ道を歩きながら、草むらの虫や空の様子を観察しました。

春のあぜ道を行く

タケノコ掘り

現地受け入れ農家がきれいに整備している竹林で、親子が協力してタケノコを掘りました。

タケノコ掘りの様子

第二回(6月18日)

農作物の収穫・苗の植え付け

昨年度参加した子どもたちが植え付けてくれたタマネギやニンニク、現地受入れ農家が植え付けたジャガイモを収穫したほか、秋に収穫するカボチャとサツマイモの苗を植え付けました。

ジャガイモ掘ったよタマネギ収穫の様子

篠竹工作(鉄砲作り)

現地受け入れ農家の皆さんに作り方を教えていただきながら、篠竹で空気式鉄砲または水鉄砲を工作しました。出来上がった作品で子どもたちは皆元気よく遊びました。材料は、阿見町の里山から刈り出したものです。

篠竹鉄砲作りの様子水鉄砲で遊ぶ子ども

第三回(9月10日)

農作物の苗、種の植え付けと収穫

晩秋に収穫するハクサイ、ブロッコリの苗とダイコンの種を植え付けました。6月に植え付けたカボチャは、8月末の長雨の影響によりやや小振りの実りでしたが、子どもたちは天候と農作物の関係性を学ぶことができました。

ハクサイの苗植えの様子収穫したカボチャを運ぶ子どもたち

昼食

毎回、現地受け入れ農家の方々が用意してくださった地元の食材を使って食事を作っています。子どもたちは皆で協力して、配膳や片づけもしています。この日は青竹を割って作ったレールを使った「流しそうめん」も登場し、子どもたちは歓声を上げながら里山ならではの食事を堪能しました。

流しそうめんを食べる子どもたち食事を準備する様子

稲刈り体験

モチゴメの田んぼで稲刈りに挑戦しました。子どもたちは初めて手にする鎌に注意しながら作業を体験したり、農家の方が運転する大型コンバインや脱穀機を目の当たりにして、日常食べているコメがどのような過程を経て食卓に上るのかを楽しみながら学びました。

稲刈りする子ども稲刈りする子どもの様子2バインダーの稲刈りを見学する様子

第四回(11月26日)

農作物の収穫

4月、9月に自ら植えたサトイモ、ネギ、ハクサイ、ダイコン、ブロッコリ、ネギ、サツマイモを収穫しました。

ハクサイ収穫の様子ダイコン収穫の様子

昼食

「収穫祭」と称し、収穫した野菜を使った「芋煮」、9月に自ら刈ったモチゴメを炊いた赤飯に子どもたちは大喜びです。もみ殻の残り火で焼いたサツマイモも楽しくいただきました。

芋煮の配膳の様子サツマイモをもみ殻の残り火で焼きました

 

芝地区と茨城県稲敷郡阿見町は、芝地区のいきいきプラザでのマルシェ開催や「ふれ愛まつりだ、芝地区!」でのブース出展等、全国連携を続けています。この事業を通じて芝地区の子どもたちは阿見町の皆さんと交流しながら、自然や環境への理解を深め、健やかに成長しています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-3578-3192

ファックス番号:03-3578-3180