• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 暮らし・手続き > 食品・環境衛生 > 食品等の安全 > 注目情報 > 腸管出血性大腸菌の感染者が増加しています

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

腸管出血性大腸菌の感染者が増加しています

厚生労働省の実施した平成29年8月の感染症発生動向調査において、腸管出血性大腸菌O157の患者数が例年より多くなっています。特に、関東地方を中心に感染者が増加し、実際に食中毒も発生しています。

腸管出血性大腸菌による食中毒は、症状が無いまま菌を保有している人(無症状病原体保有者)が調理中に食品を汚染したり、汚染された食品の殺菌不足などにより発生します。また、家庭内での二次感染事例も報告されています。

食品の加熱や器具の消毒、正しい手洗いを行い、腸管出血性大腸菌の食中毒予防、感染予防に取り組みましょう。

 

詳しくは東京都のホームページ「食品衛生の窓」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所生活衛生課食品安全推進担当

電話番号:03-6400-0047

ファックス番号:03-3455-4470