• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 高輪地区総合支所 > 地区広報 > 地域のできごと > 高輪今昔物語「落語らいぶ@高輪コミュニ亭」が開催されました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年6月3日

高輪今昔物語「落語らいぶ@高輪コミュニ亭」が開催されました

5月21日(土曜)に、高輪今昔物語実行委員会主催、高輪今昔物語「落語らいぶ@高輪コミュニ亭」が高輪区民センターで開催され、子どもから大人まで幅広い世代の方が参加されました。

当日の落語らいぶでは、落語界で活躍する鈴々舎八ゑ馬(れいれいしゃやえば)さんと明治学院大学落語研究会の井原大輔さん、入江健さんによる、落語ワークショップと落語口演を行っていただきました。

まずはじめに、高輪今昔物語実行委員会リーダーの金子芳夫さんから御挨拶と高輪今昔物語の活動紹介をして頂きました。

前半の口演では、入江健さんが前座を務め、井原大輔さんが演目「井戸の茶碗」を披露して下さりました。

ワークショップでは扇子と手ぬぐいを使って、そばの食べ方のような落語特有の所作を鈴々舎八ゑ馬さんから教えていただき、大いに盛り上がりました。

休憩の後、鈴々舎八ゑ馬さんが演目「徂徠豆腐」を披露してくださり、会場からは笑いが絶えませんでした。

なお高輪地域にゆかりのある演目「井戸の茶碗」、「徂徠豆腐」については、高輪今昔物語メンバーの池谷敏雄さんが写真を使って解説をして下さりました。

「井戸の茶碗」の登場人物が住む清正公(覚林寺)周辺や細川家下屋敷、「徂徠豆腐」に登場する荻生徂徠の墓などの写真を紹介して頂きました。

参加者アンケートでは、「とても楽しい会でした。」、「高輪に住んでいた時、このような活動があったら参加したかった。」などのご意見を頂きました。

20160521高輪今昔物語1

高輪今昔物語メンバーの金子芳夫さんから出演者の紹介

20160521高輪今昔物語2

入江健さんによる前座

 

20160521高輪今昔物語3

井原大輔さんによる演目「井戸の茶碗」

20150521高輪今昔物語4

扇子を使った落語の所作

 

20150521高輪今昔物語5

鈴々舎八ゑ馬さんによる演目「徂徠豆腐」

2016521落語

高輪今昔物語メンバーの池谷敏雄さんによる解説

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123