• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 高輪地区総合支所 > 地区広報 > 地域のできごと > 防災ボランティア養成講座 第1回を開講

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

防災ボランティア養成講座 Self 防災~結い~第1回・第2回を開講

 災害時の防災ボランティアリーダーを育成
 -防災ボランティア養成講座 Self 防災~結い~を開講-


 5月14日(土曜日)、5月28日(土曜日)、高輪地区総合支所の地域事業として、第1回、第2回の「防災ボランティア養成講座 Self 防災~結い~」を開講しました。 
 今回の開講で第5期生が養成されるこの講座は、災害時に活動できる人材の発掘・育成に向けた取り組みとして、高輪地区内にある北里大学・東海大学・明治学院大学等と高輪地区総合支所が連携し、地区内の大学生、及び高輪地域にお住いの方を対象とした災害時ボランティア育成に必要な講座を企画しました。(全10回)
 講座では、各大学の講師や防災専門家による講義のほか、防災資機材操法や避難所運営等の訓練、ワークショップを通じて、より実践的な防災知識、技術を学びます。
講座修了後、修了生は「地域支援チーム」に登録され、日頃から町会・自治会行事等の地域活動に参加することで、地域活性化の一翼を担っていくとともに、災害時にはボランティアリーダーとして活躍することを目指します。
 第1回は開講式を終えた後、参加者の方同士で自己紹介をして頂きました。またクロスロードを使った演習を行いました。クロスロードでは、参加者の方々に災害時のジレンマ場面を体験していただき、「その場での対応」と「普段からの備え」について意見を出し合っていただきました。

 第2回は北里大学研究所病院、看護部師長 椿 貴年さん、看護部手術看護担当係長 深山 千春さんが講義をして下さりました。災害医療体制のトリアージ(緊急性や重症度に応じて治療・搬送などの優先順位を決定すること)や災害支援ナースによる救急医療などについて学びました。午後は高輪消防署で、救急救命講習を受講しました。アンケートでは「免許を取得する際に講習を受けたのですが、忘れていることが多くありました。」、「知識を持っていても、勇気が必要だと思った。立ち会った時、行動に移したい。」という意見を頂きました。 

2016_5_14防災ボラ1

 開講式の様子

 20160514防災ボラ5

 クロスロードの様子1

 

 

20160512防災ボラ3
クロスロードの様子2

20160514防災ボラ2

クロスロードの発表

20160528防災ボラ1

深山 千春さんの講義

20160528防災ボラ2

椿 貴年さんの講義

 

 

20160528防災ボラ3
救急救命講習の様子1

20160528防災ボラ4

救急救命講習の様子2

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5421-7621