• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2018年1月21日

家庭系ごみ量の「見える化」事業

区内の家庭から出る可燃ごみの約3割が生ごみで、生ごみの約7割から8割が水分であると言われています。家庭から出るごみを少しでも減らすためには、生ごみの水分を切ってから出すことが大切です。

そこで区では、生ごみの水切りによる可燃ごみの減量効果を体感していただくことを目的に、平成24年度から29年度にかけて「家庭系ごみ量の『見える化』事業」を実施しました。これは、約2か月間(16回)にわたり可燃ごみ量の計量を行い、前半の約1か月間(8回)は通常通りに、後半の約1か月間(8回)は生ごみの水切りと可燃ごみの減量に取り組んでいただき、前後半のごみ量の比較することで減量効果を体感していただくもので、実施結果は以下のとおりでした。

 

だんじろう

港区リデュースキャラクター だんじろう(断辞郎)

生ごみの水切り

生ごみの水切り

 

実施結果

平成24年度

名称 世帯数(実施時) 合計重量 減量割合
アクシア青山(集合住宅) 100世帯 110キログラムの減量 約6.6パーセント
高輪地区の集合住宅 190世帯 100キログラムの減量 約2.5パーセント

平成25年度

名称 世帯数(実施時) 合計重量 減量割合
メゾン田町(集合住宅) 184世帯 150キログラムの減量 約3.2パーセント
グランドメゾン田町(集合住宅) 189世帯 130キログラムの減量 約3.4パーセント

※可燃ごみの減量効果は集合住宅1棟分のごみ量から算出しています。

平成26年度

名称

世帯数(実施時)

合計重量 減量割合

都営北青山1丁目アパート(1・2号棟)

(集合住宅)

270世帯 340キログラムの減量 約5.8パーセント
マンション高輪(集合住宅) 64世帯 210キログラムの減量 約24.7パーセント
ドゥフォーレ高輪(集合住宅) 74世帯 120キログラムの減量 約5.6パーセント

平成27年度

名称 世帯数(実施時) 合計重量

減量割合

ドミ麻布(集合住宅) 40世帯 70キログラムの減量 約4.7パーセント
ソレイユ田町(集合住宅) 64世帯 150キログラムの減量 約8.1パーセント
スカイプラザ赤坂(集合住宅) 75世帯 200キログラムの減量 約13.9パーセント
芝公園アビタシオン(集合住宅) 77世帯

40キログラムの減量

約2.7パーセント

平成28年度

名称 世帯数(実施時) 合計重量

減量割合

メゾン高輪(集合住宅) 43世帯 150キログラムの減量 約10.0パーセント
フェイム芝浦インターウェーブ(集合住宅) 84世帯 300キログラムの減量 約12.6パーセント
高輪シティハウス(集合住宅) 68世帯 60キログラムの減量 約2.7パーセント
芝パークサイドハイツ(集合住宅) 78世帯 240キログラムの減量 約11.6パーセント

平成29年度

名称 世帯数(実施時) 合計重量

減量割合

メゾン麻布(集合住宅) 66帯 140キログラムの減量 約7.2パーセント
ファミール六本木(集合住宅) 33世帯 50キログラムの減量 約3.3パーセント
高輪地区の集合住宅(集合住宅) 35世帯 120キログラムの減量 約10.8パーセント
シティ田町(集合住宅) 60世帯 210キログラムの減量 約16.2パーセント

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部みなとリサイクル清掃事務所ごみ減量推進係

電話番号:03-3450-8025