• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 「プログラミングに挑戦!」を実施しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

「プログラミングに挑戦!」を実施しました

 

 平成29年9月23日(土・祝)に、日本オラクル株式会社のご協力のもと、赤坂・青山子ども中高生共育(ともいく)事業「プログラミングに挑戦!」を実施しました。子どもたちは、日本オラクル赤坂オフィストレーニングセンターにて、プログラミング学習ソフト『Alice』を使いプログラミングを楽しく体験しました。

 今、プログラマーは中高生に人気の職業と言われています。それを反映してか、小学4~6年生が対象で定員10名のところ、定員の3倍以上の申し込みで抽選となり、大人気の講座となりました。

 

 講座ではまず、指示の大切さを学びました。

 講師の方から子どもたちへ「一斉に手をあげて」とだけ指示をしたところ、右手か左手を上げるのか、角度やスピード等、それぞれが違う動きをしました。細かい指示を与えないとみんなバラバラに動いてしまい、思ったように動かないことがわかりました。

 次は、プログラミングの意味をキャラクターのダンスに例えて学びました。

 キャラクターに振り付けを指示することを「プログラミング」、キャラクターが指示どおりに振り付けを踊ることを「プログラムが動く」と、教わりました。

 続いて、『Alice』を使ってキャラクターにダンスをさせました。

 『Alice』を起動させ、背景を選び、キャラクターを登場させ、プログラムの指示である何種類かの[動き]をマウスでドラッグ&ドロップさせ、どのように動くかを指示しました。

 指示の方法も、最初に習ったように、どこに?どのように?どのくらい?等細かく指示していきました。

 自分がさせたい[動き]の種類がない場合、ある[動き]を組み合わせて指示していきました。思ったように動かない時には、どの指示を修正すればいいか考えることがとても大切です、と講師からアドバイスがありました。

 また、作業の際、今まで作ったものが消えないよう、時々保存しておくことを忘れずとの注意も受けました。

 その後、今まで作ったダンスの続きに、自分だけのダンスやほかのキャラクターを加え、オリジナルのアニメーション作品に仕上げました。

 完成したアニメーションは、子どもたちの思いのこもった世界でひとつだけの素晴らしい作品となりました。さらに今後も家で色々動かせるよう、講師の方が作品をUSBメモリにいれてくださいました。

 最後に、講師の方からひとりひとりに修了証と記念品が贈呈されました。

  90分の講座はとても内容の濃い講座で、子ども達はよく講師の方の話を聞き、色々と挑戦していました。

 子どもたちにとって、笑顔あふれる一日となりました。

 

2017programing_1 2017programing_2
2017programing_3 2017programing_4
2017programing_5 2017programing_9
2017programing_7 2017programing_8

 

 

赤坂青山子ども中高生共育(ともいく)事業とは

地域の人材等を活用した子ども向けの「“驚き・感動・気づき”から“自ら考え、行動する。”」機会となる講座などを企画、実施し、子どもたちを地域ぐるみで見守り、育てる環境を整備する事業です。講座等の参加だけにとどまらず、子どもたちの社会参加意識を高め、赤坂・青山地域の活性化を図ります。また、地域の子ども向け事業に関わる団体等のサポートやネットワークの構築を支援し、情報共有を促進します。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5413-7013

ファックス番号:03-5413-2019