• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 平成30年度港区総合防災訓練(赤坂会場)を開催しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年11月29日

平成30年度港区総合防災訓練(赤坂会場)を開催しました

11月4日(日曜)、港区立青山中学校で、港区総合防災訓練(赤坂会場)を実施しました。

当日は60団体、1,012名の方にご参加いただきました。

今年度は「体を動かして防災を学ぶ」をテーマに実施し、見て、触って、体験して防災を学べる全23ブースで実施しました。

今年度新たに設けた「VR避難体験」、「エレベーター停止体験」、「夜型防災訓練」、「防災衛生体験」、「高層住宅震災対策」の5つのブースは、順番待ちができるほど大勢の方が体験し、参加住民の方々の新たな防災力の習得意識を実感しました。

また、大好評につき今年度拡大した「子どもコーナー」では、大勢の子どもたちや子ども連れの家族姿が多く、大変賑わっていました。中学生以下を対象とした防災スタンプラリーでは、全参加者数の約1割を占める115名の子どもたちが達成し、子どもたちは楽しみながらも真剣に防災について学んでいました。

ブース訓練終了後、赤坂消防団第二分団による放水演技が行われました。当分団は今年6月に行われた「第66回港区内消防団ポンプ操法大会」で準優勝を収めた、港区が誇る消防団です。機敏な動きと、迅速で的確な放水演技に歓声が起こりました。

訓練の最後には、赤坂会場恒例となったバケツリレーを実施し、消火する速さを競うとともに、災害時に大切な共助を育みました。火に見立てた風船が割れると、会場内から大きな拍手が沸き起こりました。

多くの方に訓練にご参加いただき、防災意識の向上、普及・啓発を行ういい機会となりました。

訓練の様子

炊き出し・配給訓練 レスキュー体験(子どもコーナー)
制服試着・乗車体験(子どもコーナー) VR避難体験
エレベーター停止体験 夜型防災訓練(会場内を真っ暗にして行いました)
   
赤坂会場恒例のバケツリレーで共助を育みました 赤坂消防団第二分団による放水演技

協力機関

赤坂消防署

赤坂警察署

赤坂消防団

赤坂消防少年団

赤坂地区防災ネットワーク

青山地区防災協議会

港区赤十字奉仕団赤坂分団

港区赤十字奉仕団青山分団

連合東京ボランティアサポートセンター

東京都防災語学ボランティア

港区国際防災ボランティア

港区医師会

港区国際交流協会

港区社会福祉協議会

日本防災士会東京都港区支部

ファイヤーソリューションズ株式会社

株式会社理経

三菱電機ビルテクノサービス株式会社

加賀屋産業株式会社

株式会社ハマネツ

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)

八千代エンジニヤリング株式会社

一般社団法人地域防災支援協会

青山いきいきプラザ

赤坂・青山会議参画企業

千代田区

青山中学校

〈敬称略・順不同〉

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5413-7272

ファックス番号:03-5413-2019