• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 「About 赤坂 ~赤坂は茜坂といわれてた?~ 茜ってどんな植物?茜で草木染を体験しよう!」を実施しました!

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年8月23日

「About 赤坂 ~赤坂は茜坂といわれてた?~ 茜ってどんな植物?茜で草木染を体験しよう!」を実施しました!

平成29年8月5日(土曜日)に青山児童館で、赤坂青山子ども中高生共育(ともいく)事業文化プログラム「About 赤坂 ~赤坂は茜坂といわれてた?~ 茜ってどんな植物?茜で草木染を体験しよう!」を実施しました。

「赤坂」の語源は諸説ありますが、茜がたくさん生えている茜山があり、そこにあった坂が変化して「赤坂」と呼ばれるようになったともいわれています。そのような背景もあって、茜染め体験を開催しました。

講師として、草木染の専門家であるBotanic Green(ボタニック グリーン)の福元卓也さん、理恵さんにお越しいただき、草木染を学びました。また、伊勢半本店 紅ミュージアムの八木原美佳さんには、紅花についてのお話をしていただきました。

始めに、乾燥した茜の根を沸騰したお湯に入れ、染料を作りました。煮込んでいる間、布を絞ってひもでくくりつけたり、割りばしを布に巻くなど、布に模様をつけるための工夫をしました。この作業により、染めた際に色がつかない部分ができて、模様ができます。子どもたちは、オリジナルの模様ができるように頭を働かせながら、夢中になって作業を行いました。

その後、布を茜色に染まった染料に入れ、染め上がるのを待っている間、紅ミュージアムの八木原さんから紅の作り方や紅花について、写真を使いながら教えてもらいました。布が染め上がると、媒染(ばいせん)という色を定着させるための作業を行い、茜染めが完成しました。

一人ひとりオリジナルの茜染めの布が作れ、子どもたちはとても嬉しそうな様子でした。

akane1 akane2 akane3

akane4 akane5 akane6

akane7 akane8

akane9 akane10

赤坂青山子ども中高生共育(ともいく)事業とは

地域の人材等を活用した子ども向けの「“驚き・感動・気づき”から“自ら考え、行動する。”」機会となる講座などを企画、実施し、子どもたちを地域ぐるみで見守り、育てる環境を整備する事業です。講座等の参加だけにとどまらず、子どもたちの社会参加意識を高め、赤坂・青山地域の活性化を図ります。また、地域の子ども向け事業に関わる団体等のサポートやネットワークの構築を支援し、情報共有を促進します。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5413-7272(内線:3832)

ファックス番号:03-5413-2019