• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 「弟子入り講座」を実施しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

「弟子入り講座」を実施しました

平成29年7月25日から8月3日にかけて、赤坂・青山子ども中高生共育(ともいく)事業「弟子入り講座2017」を行いました。

この講座は、赤坂・青山地区の子どもたちが赤坂・青山地域の企業や団体に「弟子入り」し、プロの職業を体験し、活動について知ることで、自分の将来について考えるきっかけとすることを目的に実施しています。

今年は、株式会社ポケモン、株式会社みずほ銀行赤坂支店、GEジャパン株式会社、株式会社ユミカツラインターナショナル、株式会社東京ソワール、東京消防庁赤坂消防署の各所にご協力いただき、講座を実施しました。

株式会社みずほ銀行 赤坂支店

赤坂4丁目のみずほ銀行赤坂支店で、銀行の役割や仕組みを学びました。銀行の仕事についてレクチャーを受けた後、個人個人で店のオーナーになりきって出店計画を考え、発表しました。立地や客層、それにあったメニューやお店のイチオシなど、銀行が融資してくれるようなお店を考えました。 

その後は赤坂支店のなかを探検しました。ATMの裏側や貸金庫など、通常は立ち入れないスペースも見学することができ、子ども達も興味津々でした。

最後にみずほ子ども銀行員として修了証をもらい、講座は終了しました。

mizuho1 mizuho2 mizuho3

GEジャパン株式会社

赤坂5丁目に立地しているGEジャパンで英語を交えたコミュニケーション、国際会議を行いました。GEはエジソンが創業し、世界各地に展開する国際企業です。社内コミュニケーションも英語で行われることが多く、今回はシンガポールと中国で働く社員の方とインターネットを使用し、国際会議を行いました。 

会議では、子ども達が英語で自己紹介や現地社員の方に質問などをしました。現地の天気や人気の観光スポットに関する情報から最近のGEグループの企業経営に関する質問など、さまざまな質問が出て充実した時間となりました。

最後には「修了証」をもらい、大満足の一日となりました。

ge1 ge3 ge2

株式会社ユミカツラインターナショナル

南青山1丁目に立地している桂由美ブライダルハウスでウェディングについて学びました。冒頭にはブライダルファッションデザイナーの桂由美さんにお越しいただき、自身の子どもの頃や現在の仕事についてのお話をいただきました。桂由美さんから、「子どもの頃から好きなことを継続して取り組むことが大切です。」という話がありました。

続いて、講師の先生からウェディングの仕事やドレス、メイクについての知識を教えてもらった後、着付けの様子を見学しました。 

最後には子どもたちも打掛を着させてもらい、とても嬉しそうな様子でした。

yk1 yk2 yk3

株式会社東京ソワール

南青山1丁目の青山ツインビルのなかにある東京ソワールでフォーマルウェアについて学びました。フォーマルウェアは、冠婚葬祭の際に着る服という基礎的な話から始まり、洋服ができるまでの過程を学びました。

その後、オフィスの中を見学しました。さまざまな種類の洋服や、洋服の設計図を作る機械を子どもたちは興味深く見ていました。

最後に、裁断した後の残り布を使って、シュシュネックレスを作りました。一人ひとりオリジナルのネックレスを作成でき、子どもたちはとても満足した様子でした。

sowarl1 sowarl2 sowarl3

赤坂消防署

まちの安全と安心を守る赤坂消防署に弟子入りしました。まずは消防署で働く人の仕事を説明してもらい、実際に消防署内を見学した後、防火服の試着体験をしました。命令が出てから、出動するまでの時間は1分とされており、着替えるための時間は30~40秒ほどしかかけられません。子どもたちも1秒でも早く着替えることを目指して挑戦しました。

その後はD級ポンプの放水訓練を体験しました。D級ポンプは町会や施設、建物に配備されている場合もあり、実際に住民が操作する可能性のある機材です。安定して放水するための姿勢を訓練しました。

最後に講師の消防署員の方から、「消防士は人を助け、被害を最小化するために1秒でも早く動く必要がある。だからこそ毎日の訓練が重要である。」という話がありました。

fire1 fire2 fire3

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5413-7272(内線:3832)

ファックス番号:03-5413-2019