• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年11月29日

平成28年度ミナヨクDay4開催!

平成29年11月12日(土曜日)、平成28年度みんなでまちをよくするコミュニティデザイン活動「ミナヨク」Day4が行われました!

当日のプログラム(Day4)には、21名の方々にご参加いただき、「イマドキのご近所づきあい」をテーマにフィールドワークを実施後、各自のアイデア出しからチームビルディングを経てグループ発表を行いました。そんなDay4の模様を以下、レポートします。

Day4内容

フィールドワーク

Day4では「イマドキのご近所づきあい」をテーマに、港区麻布地区を実際に見て回るフィールドワークに出かけました!!天気も崩れず、絶好のフィールドワーク日和になりました。

フィールドワークを行い、港区麻布地区に在住する方や在勤する方の現場を見ることで、アイデアをよりユーザー目線で発想することができます。この後のアイデア創造のためにもチームで地域の良いところや解決したい点などを観察していきます。

チームでどこを回るか相談し、決まったチームから飛び出して行きました!!麻布十番商店街をメインに回るチームや六本木1丁目の再開発エリアに行くチームなど、非常に多彩な気づきを持ち帰ることができたようです。

平成28年度ミナヨクDay4-1

平成28年度ミナヨクDay4-2

平成28年度ミナヨクDay4-3

平成28年度ミナヨクDay4-4

平成28年度ミナヨクDay4-5

平成28年度ミナヨクDay4-6

フィールドワークの振り返り・発表

フィールドワークで感じたことを振り返りながら、各自でワークシートに記入します。その後、一通りメンバーの発表が終わったら投票タイムに移ります。それぞれのアイデアを眺め、共感したものには投票していきます。そして共感の多いものを中心にチームを作り本格的にアイデアを練っていきます。

その後、富士通総研の上保さんから、武蔵小杉の実例紹介等のプレゼンを聴き、実際に肌で感じた感覚と合わせて自身のチームのアイデアに落とし込んでいきます。付箋紙と模造紙を使って、グループのアイデアを整理するとともに、他グループに説明できるように要点とストーリーをまとめます。

グループごとの発表後、他グループのメンバーは、発表を聞いて感じたことやアドバイスを付箋に書いて、そのグループの模造紙に貼っていきます。自分たちが発表したアイデアへのフィードバックは、これからの活動の重要なヒントになります。

平成28年度ミナヨクDay4-7

平成28年度ミナヨクDay4-8

平成28年度ミナヨクDay4-9

平成28年度ミナヨクDay4-10

平成28年度ミナヨクDay4-11

平成28年度ミナヨクDay4-12

今日のプログラムはこれで終了です。みなさんお疲れさまでした。

次回Day5は、今日出したアイデアをひたすら磨く時間になります。これまでのプログラムで学んだこと、今日のフィールドワークで体験したことを活かしながら、本日出たアイデアはどんなふうに育っていくのでしょうか。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:麻布地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5114-8812