• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2019年11月5日

令和元年度ミナヨクDay2を開催しました

令和元年9月7日(土曜)、令和元年度みんなでまちをよくするコミュニティデザイン活動「ミナヨク」Day2が行われました!

当日のプログラム(Day2)の模様を以下、レポートします。

自己紹介・負けジャンケン

これまで欠席した方もいるため、Day1に引続き、「8マス自己紹介」を行いました。

次に、固定概念を壊す難しさを体験するため、「負けジャンケン」を行いました。各テーブルで、「難しい」「つい勝っちゃう」などの声が飛び交いました。

day2-1day2-2 

 

 

 

 

 

 

 ゲストトーク

三ツ山治彦さんに、「地域活性化の経験を通じてお伝えしたいこと」というテーマでお話ししていただきました。実際に、鯖江市や大田区の商店街の活性化に取り組んだ経験から、地元の方との交流、地域リーダーとの連携、事業の継続性の必要性など、様々な事例を通じてお話をしていただき、大変有意義な時間となりました。

また、メンバー間で気づいたことをシェアし、質疑応答を行い、さらに議論を深めました。

day2-3

day2-4

 

 

 

 

 

 

 

アイデアカメラ・スピードストーミング

会場に張り出した写真から、テーマやまちに対する課題を発見していきました。ふせんに疑問点、意見、改善点などを記入し、壁中に張られているまちの写真に張っていきました。

アイデアカメラで出た意見や自分の考えをもとに、ペアを組み、お互いにまちをよくするアイデアを出していきました。

day2-6

day2-5

 

 

 

 

 

 

 

day2-7

day2-8

 

 

 

 

 

 

 

アイデアスケッチ・アウトプット作成・発表

スピードストーミングを踏まえて、面白いと思うアイデアを絵にして表現しました。30秒ずつグループのメンバーにアイデアを紹介し、グループで深掘りしたいアイデアを一つ決定しました。

次に、アイデアスケッチで出たアイデアを、プレスリリースという形で発表しました。各チーム2分でアイデア発表です!

Day2でグループごとに出たアイデア名をご紹介します。

  • 「できる人と困っている人をつなぐ」
  • 「天候により情報が変化する掲示板」
  • 「麻布のサラダボウル化」
  • 「アイコミ*だれでもわかるアイコン作り」

プロトタイプを使った寸劇など、各グループで工夫を凝らした発表が行われ、笑いがありつつも、各グループのアイデアに感心し、様々な気づきが得られました。 

day2-9

day2-10

 

 

 

 

 

 

day2-11

day2-12

 

 

 

 

 

 

 

 記念撮影

次回(Day3)の案内があり、記念撮影を行い、講座を終了しました。

day2--13

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:麻布地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5114-8812

ファックス番号:03-3583-3782