• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 麻布地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 平成29年度港区麻布町会・自治会連合会主催「地域防災力向上のための交流会」が開催されました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年2月7日

平成29年度港区麻布町会・自治会連合会主催「地域防災力向上のための交流会」が開催されました

平成30年1月27日(土曜)麻布区民協働スペースにおいて、港区麻布町会・自治会連合会主催の「地域防災力向上のための交流会」が開催され、麻布地区内の町会・自治会から43名が参加しました。

当日は以下のとおり、港区麻布町会・自治会連合会の酒巻副会長のあいさつの後、第1部として「避難所開設ワークショップ」を行い、第2部として「振り返り」を実施しました。会場は熱気で包まれ、地域住民が自ら指揮をとり、運営をしなくてはならない避難所において、直面する様々なトラブルを解決するための想像力を養うワークショップとなりました。
なお、本交流会は「平成29年度東京都地域の底力発展事業助成」対象事業として実施されました。

開会

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」01

酒巻港区麻布町会・自治会連合会副会長から、
「東京では、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、機運醸成の動きがますます活発化しています。しかし、一方では東日本大震災等の復興はいまだ進んでいない状況でもあります。首都直下地震が30年以内に70%の確率で発生するといわれている東京において、オリンピック・パラリンピック競技大会が安全で安心して、開催されるよう、地域防災力向上に努めていかなくてはならない」
とのご挨拶がありました。

第1部麻布地区における避難所開設ワークショップ(HUG-S訓練)

"自分たちの地域は自分たちで"守る

まず、港区の災害対策の方針、町会・自治会に求められる役割等を学びました。続いて、東日本大震災において、都心仙台の避難所における様子や実際に起きたトラブルなど、現場のリアルな状況を聴き、港区でも起こり得る数々の問題に「もし自分がその場にいたら」と想像を巡らせました。

その後、参加者は8人程度のグループごとに、仮想避難所を運営する委員として、様々な問題や立て続けに訪れる避難者の誘導を図上でしていきます。講師が続々と訪れる避難者を読み上げていく中、過去の震災時、実際にあった避難所運営中に起きた問題や港区特有の問題(外国人、帰宅困難者対応等)も併せて出題するため、参加者は対応に追われます。

最後に、対応に追われる中で感じた点や避難所で起こり得る問題について、各グループから発表し、気づきの共有を行いました。避難所の開設や運営に関わる可能性の高い町会・自治会員の皆様は、「実際にどのように動くべきか」を自分ごと化し、真剣に検討する機会になりました。

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」02

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」03

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」04

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」05

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」10

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」06

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」07

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」08

20180127麻布町自連「地域防災力向上のための交流会」09

第2部振り返り

分らないからこそ"まず試してみる、動いてみる"

一般社団法人地域防災支援協会事務局長の野呂順正氏により、本日のワークショップで体験し、学んだことや感じたことを踏まえ、今後町会・自治会の皆様が取り組むべき訓練や行動についてのお話しがありました。

災害時、正解が分らない又は無いことが多い状況において、町会・自治会の皆様も多くの判断や行動が求められることが想定されます。日頃から小さいことでも、まず出来ることから試し、動いてみることが、「いざ」という時の判断や行動の支えになり、自分たちを守るために重要だということをあらためて認識できた内容でした。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:麻布地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5114-8802