• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 麻布地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 麻布地区の生活安全と環境を守る協議会「防犯教室」を開催しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年3月5日

麻布地区の生活安全と環境を守る協議会「防犯教室」を開催しました

平成31年2月23日(土曜日)午前10時から、飯倉いきいきプラザで、麻布地区の生活安全と環境を守る協議会「防犯教室」を開催しました。総勢17名の方にご参加いただきました。

特定非営利活動法人地域安全マップ協会の方にお越しいただき、身近に潜む「危険な場所」を、座学形式の講義だけでなく、実際に危険な場所を探し歩くフィールドワークも行いました。

講義の様子(第1部)

特定非営利活動法人地域安全マップ協会副理事長 中尾 清香 講師による講義の様子

身近に潜む危険な場所の特徴や不審者が現れやすい場所について、実演を交えながら「見えやすい」・「入りにくい」をキーワードに説明をしてくださいました。安全な場所と危険な場所の違いについての問いかけに、参加された子どもたちの元気な声での回答により会場が盛り上がりました。

フィールドワークの様子(第2部)

 

 

第1部の講義を終えた後は、参加者の皆さんと麻布地区の生活安全と環境を守る協議会の皆さんと一緒に、身近に潜む「危険な場所」を探すフィールドワークを行いました。

近隣の駐車場や公園、空き地などの普段の生活で何気なく利用している場所にも危険な場所が潜んでおり、日頃より防犯対策へ意識をもつことの重要性を再認識しました。

引率してくださった地域安全マップ協会の方による、危険な場所への誘導実演に騙されてしまった子どもたちもおり、今後の防犯対策を考えるための良い機会になりました。

区では、落書き消去活動を支援しています

身近に潜む危険な場所として、落書きのされた場所が挙げられます。落書きを放置しておくと、街の美観を損なうだけでなく、人から見えにくい場所と認識され、犯罪の誘発にもつながります。

区では、落書き消去活動を行う区民の皆さんへ、落書き消去剤等の必要な物品の支援を行っています。

詳しくは、麻布地区総合支所協働推進課協働推進係までお問い合わせください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:麻布地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5114-8802

ファックス番号:03-3583-3782