• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 麻布地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 麻布地区防災ワークショップを開催しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年4月7日

麻布地区防災ワークショップを開催しました

テーマ「首都直下地震に備えて~今、何ができるのか?~」

平成29年3月17日(金曜)午後3時から、麻布区民協働スペースにて、歴史と文化、英術資源が豊富の国際的な都市の一面を持つ麻布地区が首都直下地震に見舞われた時、麻布の魅力を考えながら事業者と地域の皆さんで一緒に考えるため、「麻布地区防災ワークショップ」を開催しました。

今回は、跡見学園女子大学観光コニュニティ学部教授で、内閣府をはじめ文部科学省などの機関で防災関連の委員として活躍されている鍵屋一氏を講師としてお迎えし開催しました。

はじめに、鍵屋一氏から「災害に必要なことは何か?」と題して講演をいただき、その後「みんなで考えよう災害を」をとして、ワールドカフェ方式のワークショップを実施し、事業者と地域のみなさんで一緒に考えました。 

第一部 講演 「災害に必要なことは何か?」

はじめに、鍵屋一氏から、ワークショップを始める前に、参加者全員で体操を行い、体と頭が柔らかくなったところで講演が始まりました。

まず、熊本地震、阪神淡路大震災、東日本大震災の被害状況や災害現場の様子を経験を踏まえて、わかりやすく話をいただきました。歴史は繰り返されると、貞観の時代、天正・慶長の時代、元禄・宝永の時代、大正・昭和の時代、そして平成の時代と大災害が発生していることから、大災害は忘れない頃にやってくると歴史を参考に伝えていただきました。

さらに、災害には自助だけでなく共助の重要性を話されながら、いつ起きるかわからない首都直下地震に備えるために、麻布地区に居住している人だけでなく、働いている人や訪れる人がとても多いことが魅力であるため、こうした人たちが、一緒に加わり手を携えて災害への対処を進めることがで麻布地区が災害に強い地域になると話されていました。 

29031701    頭と体を柔らかく体操をします

29031701   

 講話にみなさん聞き入ります

28031702   

 第二部に向けての説明です

 

第二部 演習 「みんなで考えよう災害を」

4人1グループ8班に分かれてワールドカフェ方式でワークショップを実施しました。

ワークショップは、講師から災害時であっても「〇〇したい」という希望を配布された付箋に記入し、付箋に書いた「〇〇したい」という希望に対する解決策をグループごとに考えていただきました。

次に、各班4人のうち1人がその班にカフェマスターとして残り、他の3人が他の班に移動し話し合いを続けます。新しくこられた方に対して、各班のカフェマスターが、今まで議論された内容を説明し、解決策をさらに掘り下げて議論しました。

元の班に戻り、班ごとに災害時の希望と解決策を3点から5点選び、配布されたA3用紙に清書しまとめる作業を行い各班からでたアイディアを参加者で一斉に回り、良いアイディアについて配布されたシールを貼りました。

その後、各班で議論された内容を成果として発表をいただき、「普段からの付き合いを大切にすること」や「町会・自治会と日頃からの繋がりの重要性」、「転倒防止の推奨」、「連絡手段の確保」、「大使館との協力体制を確立したい」など自助・共助の必要性を改めて解決策として上げていました。

最後に、講師から「首都直下地震はいずれおきる。私たちが変わるしかない。変わっていくものが生き残るとし、参加者の皆さんの素晴らしいアイディアに敬重すべきものがある。」と総括されました。

※ワールドカフェとは・・・会議室で日々繰り返される機能的な会議よりも、「カフェ」で行うような、オープンで自由会話を通じて、活き活きとした意見の交換や、新たな発想の誕生が期待できるという考え方に基づいた話し合いの手法 

28031704  

 解決策の検討に熱が入ります

28031705   

 班でまとめたアイディアをまとめます

28031708  

 各班の良いアイディアにシールを貼ります

28031706  

 検討の成果を発表します

最後に

平成28年度の活動は、今回で最後ですが、平成29年度も引き続き地域と事業所を繋ぐ取組を行っていきます。参加者から「こうした取組を引き続き実施してほしい」とご意見をいただきました。

防災ワークショップで議論した内容を、地域や事業所に持ち帰っていただき、より発展し地域防災力の向上に努めていってほしいですね。

主催(事務局)

麻布地区総合支所

事業所防災ネットワーク会議とは

港区地域防災計画に基づき、地区内事業者が、災害発生に備え、従業員、来街者及び事業所の周辺地域における住民の安全確保に向けた体制の整備を推進するとともに、行政、事業者間、防災住民組織等との連携をすることを目的として平成23年7月に設立しました。

平成28年度に実施した取組は次のとおりです。

お知らせ

  • ネットワーク会議に参加いただける事業者を随時募集しています。ご希望の事業者は事務局までご一報ください。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:麻布地区総合支所まちづくり課まちづくり係

電話番号:03-5114-8815

ファックス番号:03-3583-3782