現在のページ:トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 東京海洋大学と運河学習を行いました。

ここから本文です。

更新日:2019年11月2日

東京海洋大学と運河学習を行いました

令和元年10月10日(木曜)、東京海洋大学が港南中学校の2年生を対象として、第3回運河学習を行いました。

運河の環境について

水質の観測

まず、前日に水中カメラで撮影した映像を視聴し、当日と前日での水環境の変化を確認しました。

その後、今回もA池、B池それぞれの水温、塩分、COD(化学的酸素要求量)、DO(溶存酸素量)などを調べました。

eizou20191010

前日の水中カメラの映像を確認

kennsa20191010

水質検査の結果を確認

 

生物調査

水中に仕掛けたカゴを引き上げるとA池、B池とも多くの魚類等を採取できました。
また、水中の様子をカメラを使って撮影し、A池、B池どちらも、沢山の魚が泳ぐ姿を観察することができました。

seibutusaisyu20191010

生物採取

 

haze20191010

沢山の魚が採取できました。

今後のスケジュール

運河学習の年間計画は次のとおりです。

令和元年12月4日(水曜)
令和2年2月13日(木曜)

鉄炭団子とは

鉄炭団子は鉄と炭が一緒になった団子です。鉄と炭が密着した鉄炭団子を水中に入れると、鉄イオンが溶け出して水中に増えていきます。溶け出した鉄イオンは、赤潮やアオコの原因となるリンなどと化学反応し、有害プランクトンの発生を抑制します。
また、鉄イオンは水中にある化学物質と結合し、それを水中生物がミネラルとして吸収していきます。これにより光合成を行う水中生物が増加・活性化することによって、水中の二酸化炭素を吸収し酸素を発生させる働きが活発になり、水質の改善だけでなく、空気環境の向上や温暖化防止にも効果が期待できます。

芝浦アイランドのカニ護岸と潮溜まり

芝浦アイランド西岸の夕凪橋から南側にかけての護岸(約200メートル)は、カニが生息できるように工夫された特殊なテラス型の護岸で、「カニ護岸」と称されています。普段は立ち入ることができませんが、カニ護岸には自然に近い形の特殊なパネルがはめ込まれており、大小さまざまなカニが棲み処にしています。
また、潮の満ち引きに応じて運河の水が入るよう工夫された潮溜まり(タイドプール)が2箇所設けられており、運河に生息する生物の生息環境を観察できるようになっています。

今年の運河学習

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課ベイエリア活性化推進担当

電話番号:03-6435-0481

ファックス番号:03-5445-4590