現在のページ:トップページ > 産業・文化・観光 > 文化・芸術振興 > 文化プログラムの推進 > 港区文化プログラム連携事業 > 令和2年度 > 令和2年度港区文化プログラム連携事業指定団体が決定しました

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

令和2年度港区文化プログラム連携事業指定団体が決定しました

「港区文化プログラム連携事業」とは

区内で行われる文化芸術活動及びその主催団体を一定期間指定し、事業に係る経費の一部を負担するとともに、区と団体が連携することにより、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)に向けた港区ならではの文化プログラムを展開し、区内の文化芸術及び国際文化交流の発展並びに文化芸術を通じた誰もが共生できる地域社会の実現、東京2020大会に向けた気運醸成、さらにはレガシー創出(伝統、人材、知恵、多様性を認め合える価値観等の未来への継承)をめざします。

指定決定団体

令和2年度の指定団体は以下の7団体です。

 

団体名 事業名 事業内容(予定) 負担金交付決定額
ensemble-no(アンサンブルノウ) トーク&コンサート「Noh×Contemporary Music」vol.8 港区在住の能アーティストと、世界で活躍する作曲家による演奏発表や作曲過程についてのトーク、観客とのディスカッションを実施

4,000,000円

慶應義塾大学アート・センター 都市のカルチュラル・ナラティブ:地域文化資源リレーションシップ―地域文化資源をつなぐ講座 地域文化資源を、ドキュメンタリー映像や講演会で学び、現代美術作家によるアーティストトークや建築プロムナード、地域寺院探訪講座で体験し、カルナラコレッジや雑誌「ARTEFACT」No.4の刊行、イベント記録のオンライン化によってつなげる企画を実施 4,000,000円
コドモチョウナイカイ事務局 デザインでつくる コドモチョウナイカイまつり2020「デザインピック2」 子どもを対象に、デザインの力に着目した自己表現や協働、多様性への理解に繋がるワークショップを実施し、その成果を発表する祭りを開催及び事業の記録や成果の検証のための小冊子の制作 4,000,000円
シアターコモンズ実行委員会 シアターコモンズ'21 国際性豊な区の文化資源等と連携し、VR映画作品、レクチャーパフォーマンスやワークショップ、対話型演劇作品やシンポジウム等、観客の主体的な参加と行動を促すプログラムを集中的に実施 4,000,000円
スロームーブメント実行委員会 ソーシャルサーカス普及及び人材育成事業 社会のなかで様々なバリアや生きづらさを抱える人を対象とした「ソーシャルサーカス」のメソッドを用いたワークショップの実施、区内福祉施設スタッフ対象とした人材育成講座の実施及び活動の集大成としてのサーカスパフォーマンスの開催 4,000,000円
Dance New Air実行委員会 Dance New Air 2020 劇場空間だけではない屋外のスペース等様々な地域資源を舞台にコンテンポラリーダンス作品の公演を開催、ダンスを通して新たな可能性の提案し、身体表現を主とするアーティストの活躍をバックアップし活性化するためのプラットフォームを構築 4,000,000円
人と地域を元気にする盆踊り実行委員会 2020東京五輪記念港区発掘ご当地曲盆踊り大会 これまで発掘・普及してきたご当地盆踊り曲、及び東京2020大会への気運醸成のため「東京五輪音頭2020」を使用した、区内各地での練習会や盆踊り大会を実施 4,000,000円

今後の予定

各事業の詳細については、港区ホームページや広報みなと、各団体のホームページ等にて随時お知らせいたします。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部地域振興課文化芸術振興係

電話番号:03-3578-2584

ファックス番号:03-3438-8252