ここから本文です。

更新日:2016年8月25日

2013年 コンテンポラリーダンス

プロのダンサーと、自分のカラダとココロを見直す体験を

身体と心はつながっています。たとえば、悲しい体験をした時、背中が丸まったり、ため息が出たりしますよね。

では、わざと、背中を丸めたり、ため息をついたりすると、どのような気持ちになりますか。身体につられて悲しい気持ちになってきませんか。

では、楽しい気持ちや明るい気持ちに切り替えるには、どうしたらよいでしょうか。そう、大きく伸びをしたり、深呼吸をしたり、スキップをしたり、ガッツポーズや、万歳!

楽しい気持ちを表す動きを、意識的にしてみるのです。

伸び

コンテンポラリーダンスとは?

決められた振付を上達させていくことだけがダンスではありません。コンテンポラリーダンスは、ご自分で創るダンスです。

コンテンポラリーとは、英語で「同時代、今」という意味。ご自分が感じている「今の時代の空気を、思いを、考えを」ダンス作品にします。

ダンス

振付を習うのではなく、自分のカラダで探していく

ダンス作品を創る過程では、ご自分の気持ちを振り返り、整理し、身体の動きに具体的に置き換えていきます。そのプロセスが、あなたの心をほぐし、開放的な気分に導くのです。

自分が感じている「今の時代の空気を、思いを、考えを」知るには、過去の自分を知ることが、ヒントになるかもしれません。

青空

今回のテーマは、「想い出や夢」

「今の思い」を知るために、「過去」を振り返りました。たとえば、プロ野球選手になったつもりで、走ったり、見えないボールを追いかけたりしてみることで、懐かしいポジティブな想い出が湧いてくるかもしれません。

観客の中に、プロ野球選手になりたかった人がいたとすると、その人も楽しかった気持ちを、あなたと共有するのです。

草野球

ダンスを楽しもう

つまり、ダンス=身体表現とは、誰もが可能な表現であり、自分と他人をつなぐコミュニケ―ションです。

区が、コンテンポラリーダンス参加者を募集したところ、ダンス経験も、ダンスのジャンルも、年代も様々な方々が集まりました。12月から2月までの毎週土曜・日曜に、港区役所本庁舎でアイディアを出し合い、練習を重ねました。

第4回港区文化芸術フェスティバル

ハーバー・オブ・ドリームス|夢の港

 

港区文化芸術フェスティバル

港区文化芸術フェスティバル

 

港区文化芸術フェスティバル

港区文化芸術フェスティバル

 

開催内容

演目

ダンスに挑戦!カラダが動けばココロも動く!Try Dance! Movement Moves You!

ハーバー・オブ・ドリームス|ゆめの港 Habor of Dreams

日時

平成25年(2013年)3月3日(日曜日)14時/17時(2回公演)

会場 サントリーホールブルーローズ(小ホール)(港区赤坂1-13-1)
公募区民出演者

45人

来場者 434人

主催:港区、共催:Kissポート財団、制作:アーキタンツ

創作プロセスと4つのテーマ

Part1「即興」:参加者の港区の記憶・想いを即興で表現します。

港区文化芸術フェスティバル

Part2:「8の字」終わることのない日常のループを8の字で表現。私たちの夢は、時折、社会の中でさまよってしまう時があります。

港区文化芸術フェスティバル

Part3:「子どもたち」子どもたちの果てしない可能性が、私たちを夢の世界へ導きます。Part4:「夢のコラージュ」参加者それぞれの将来の夢を表現し、観客の皆様とも共有します。

港区文化芸術フェスティバル

創作:リサーチ期間「カラダづくり」、クリエーション期間「振付家との作品創り」

港区文化芸術フェスティバル

事前体験会を開催しました

ダンス経験のない方でも、お気軽にフェスティバルにお申し込みいただきたく、事前体験会を開催しました。お一人お一人のお身体の状態に合わせ、無理なく、楽しく、身体を動かせるよう、講師が指導いたしました。

ダンスって何?観て、試して、実感!

 

港区文化芸術フェスティバル

港区文化芸術フェスティバル

 

 

港区文化芸術フェスティバル

港区文化芸術フェスティバル

日時 平成24年8月18日(土曜日)
会場 高輪区民センター(港区高輪1-16-25)
参加者数

延べ250人

プログラム
  • 【プロのダンスを観てみよう!】デモンストレーション・パフォーマンス
  • 【ダンスを創ろう!】トミー・パーソネンのデモ・ワークショップ―初めてのダンス
  • 【カラダを動かしてみよう!】初めてのピラティス
  • 【カラダを動かしてみよう!】和み体操―ストレッチ

子ども向け出張ワークショップを実施しました

ダンス講師が各区立施設に出張し、遊びをつうじて、子どもたちと身体を動かしました。

日時 平成24年10月2日(火曜日)から平成24年11月27日(火曜日)までのうち9日間
会場
  • 区立芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ(港区芝浦4-20-1)
  • 区立御田小学校(港区三田4-11-38)
  • 区立赤坂子ども中高生プラザ(港区赤坂6-6-14)
  • 区立高松中学校(港区高輪1-16-25)
  • 区立白金台児童館(港区白金台4-8-5)
  • 区立飯倉学童クラブ(港区東麻布1-21-2)
参加者数

延べ470人

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部地域振興課文化芸術振興係

電話番号:03-3578-2341