ここから本文です。

更新日:2016年8月25日

2014年 和楽器・日本舞踊・サックス・合唱

伝統芸能を歌って、奏でて、踊って。管楽器もコラボレーション。

第5回港区文化芸術フェスティバルでは、和楽器3種類(箏(こと)、尺八、三味線)、日本舞踊、合唱団、サックスソリストと、広いジャンルから区が出演者を公募しました。どのジャンルにも定員を超えるご応募をいただきました。初心者から経験者まで、年代も様々な方々が集まり、12月から本番までの毎週土曜、日曜の3か月間、区民センターで練習を重ねました。

和柄

第5回港区文化芸術フェスティバル

"和" 港区から放つ 日本の元気

港区文化芸術フェスティバル

港区文化芸術フェスティバル

 

  • チラシ(和~港区から放つ日本の元気)(PDF:2,641KB)

  • チラシ(出演者募集)(PDF:890KB)

    主催:港区、共催:Kissポート財団、制作:ブライトワン

    開催内容

    演目

    "和" 港区から放つ 日本の元気 "WA" Send Japanese Spirit from Minato City!

    日時

    平成26年(2014年)2月22日(土曜日)13時30分/19時(2回公演)

    会場 サントリーホールブルーローズ(港区赤坂1-13-1)
    公募区民出演者

    92人(箏(こと)17人、三味線10人、尺八5人、日本舞踊14人、合唱43人、サックス3人、生田高校管楽器アンサンブル9人)

    来場者

    571人

    プログラム

    【第一部】

    • 和楽器オーケストラのための“犬夜叉メドレー”
    • 箏・三味線・尺八の区民と、和楽器オーケストラあいおい共演「江~姫たちの戦国」
    • 区民サックスソリストと、和楽器オーケストラあいおい共演「オリエンタル・ウィンド」
    • 生田高校管楽器アンサンブルと、和楽器オーケストラあいおい共演「あまちゃんメドレー」

    【第二部】

    • 区民とプロの舞踊家による日本舞踊「八千代獅子」和楽器伴奏
    • 区民合唱と和楽器伴奏による「ジブリの世界から~みんなの心に宿る愛」
    • ご来場のお客様と全員で「花は咲く」~ガーベラの花を揺らしながら~

    箏、三味線・尺八出演者は、パート演奏をご用意

    江~姫たちの戦国~大河ドラマより 高見優 作曲、森悠也 編曲

    この年、NHK大河ドラマ「江(ごう)~姫たちの戦国」が放送されました。徳川家の菩提寺である増上寺が港区にあることにちなみ、選曲しました。このフェスティバルのために、区民パートを編曲しし、お箏パート、三味線パート、尺八パート、(パートを掛け持ちの方は、楽器を持ち替えて)、練習成果を存分に披露しました。

    港区文化芸術フェスティバル

    お箏パート

    サックスと和楽器、管楽器アンサンブルと和楽器のために編曲

    オリエンタル・ウインド 久石譲 作曲、森悠也編曲

    サントリーのペットボトルのお茶のCM曲として聞き馴染みのある曲です。港区に美術館と音楽ホールを置く、サントリーにちなみ選曲しました。サックスと和楽器の特別バージョンを編曲し、区民サックスソリスト木村美希さん(写真左)、日下志友彦さん(写真右)が、着物で出演しました。激しさと穏やかさを備えた印象的な伴奏とメロディーが響きました。

     

    港区文化芸術フェスティバル

    港区文化芸術フェスティバル

    あまちゃんメドレー 大友良英 作曲、森悠也 編曲

    去年ブームとなったNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の、ほのぼのと明るく元気を与えてくれる音楽です。管楽器と和楽器の特別バージョンを編曲し、生田高校吹奏楽部のブラスバンド9人が出演しました。会場の皆さんは、手拍子で高校生の演奏にエールを送りました。

    港区文化芸術フェスティバル

    優美な仕草と晴れやかな衣装のお披露目

    八千代獅子(やちよじし)/日本舞踊 藤永検校 作曲、花柳源九郎 振付

    区民の皆さんは、細部まで気を配りながら熱心に練習を重ね、日本舞踊の振付を覚えました。日本舞踊家は、獅子を使ったパフォーマンスを魅せました。

    港区文化芸術フェスティバル

    2年前の熱演を、新メンバーを迎えて再演

    ジブリの世界から~みんなの心に宿る愛~(風のとおり道、となりのトトロ、やさしさに包まれたなら、海の見える街、もののけ姫、タタリ神、ナウシカ・レクイエム、人生のメリーゴーランド、いつも何度でも、鳥の人)

    港区委嘱初演(港区が作曲を依頼)作品が2年ぶりに戻ってきました。2年前の参加者と初参加者が一緒に、夢のようなジブリの世界を歌に託して、発表しました。

    港区文化芸術フェスティバル

    イントロサビを中学生サックスソリストが担当

    花は咲く~東日本大震災復興支援ソング~岩井俊二 作詞、菅野よう子 作曲、麻川明之 合唱編曲、森悠也 伴奏編曲

    港区の中学校に通う村山華子さん(写真左)が、サックスソリストにエントリーしてくれました。しんと静まった会場の中、村山さんのサックスのイントロが染みました。和楽器グループ、サックスソリスト、日本舞踊グループ、合唱団が全員舞台に登場し、総勢130人のステージで、コンサートはフィナーレを迎えました。

    会場のお客様には、ガーベラのお花をお配りし、メロディーに合わせてお花を揺らし、お客様も一緒にコーラスを楽しみ、会場は優しく包まれました。

    港区文化芸術フェスティバル

    サックスのソロ演奏が響きました。

    港区文化芸術フェスティバル

    フィナーレを飾るのは、合唱団のハーモニーです。

     

    港区文化芸術フェスティバル

    学生服や、和装や、タキシードなど、演目にぴったりの衣装も素敵です。

    ガーベラ

    ウェルカムフラワーとして、1,000本のガーベラを配りました。

    和の魅力を詰め込んだ1日限定のおまつり!事前体験会を開催しました

    スタンプラリーをしながら、和楽器を鳴らしてみたり、筝(こと)職人からお話を聴いたり、日本舞踊を体験してみたり、伝統文化をまるごと楽しみました。

    港区文化芸術フェスティバル

    港区文化芸術フェスティバル

     

     

    箏(こと)

    普段見る機会の少ない、お箏(こと)の部品を解説

    港区文化芸術フェスティバル

    本公演で参加する日本舞踊のデモンストレーション

    開催内容

    日時 平成25年(2013年)10月20日(日曜日)
    会場 男女平等参画センター(リーブラ)(港区芝浦3-1-47)
    参加者数

    約50人

    プログラム
    • 和楽器DEスタンプラリー
    • 職人による箏(こと)の製作実演&トーク
    • 水道管でオリジナル尺八をつくろう
    • 日本舞踊の体験と衣装の記念撮影
    • 和楽器コンサート
    • 日本舞踊公演
  • よくある質問

    「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

    よくある質問入り口

    Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    所属課室:産業・地域振興支援部地域振興課文化芸術振興係

    電話番号:03-3578-2341